« 2011年に観た映画 | Main | 英国王のスピーチ »

January 07, 2012

ヒア アフター

『ヒア アフター』をDVDで鑑賞。

あらすじ:
霊能力者としての才能にふたをして生きているアメリカ人のジョージ(マット・デイモン)、津波での臨死体験で不思議な光景を見たフランス人のマリー(セシル・ドゥ・フランス)、亡くなった双子の兄と再会したいイギリスの少年マーカス。ある日のロンドンで、死に取りつかれた3人の人生が交錯する。

死をテーマとした作品なのだろうか?。死者の声が聞こえる男。臨死体験を忘れられず社会復帰出来ない女。兄を亡くし兄に会いたい弟。
ジョージは2人と共有し、未来に向かってフェードアウトしていった。良かったね。んで?何が言いたかったのだろうか?。

マリーが書いた”未来”という本を読み、ジョージは何を思ったのか?何が書かれていたのか?全ては謎。
そもそも、彼女は何故”未来”を書いたのか?分からない。
完璧な不完全燃焼状態。

印象に残ったのは、冒頭の津波シーン。
3.11とダブってしまう恐ろしい光景がそこにはあった。それだけ。

マット・デイモンが出ていたので期待したのだが、肩透かしをくらってがっかり。
★3

|

« 2011年に観た映画 | Main | 英国王のスピーチ »

Comments

"No, you are not, Master Jack, but a long way from it; Knightley saw you were intending to cross him also, and by waiting his time, caught you cleverly on the hop.

Posted by: foot massager | January 07, 2012 at 04:15 PM

If he could stay only a couple of days, he ought to come; and one can hardly conceive a young man's not having it in his power to do as much as that.

Posted by: moncler jacken | January 07, 2012 at 04:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/53677455

Listed below are links to weblogs that reference ヒア アフター:

« 2011年に観た映画 | Main | 英国王のスピーチ »