« ヒア アフター | Main | クロサワ映画 »

January 07, 2012

英国王のスピーチ

『英国王のスピーチ』をDVDで鑑賞。

あらすじ:
幼いころから、ずっと吃音(きつおん)に悩んできたジョージ6世(コリン・ファース)。そのため内気な性格だったが、厳格な英国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)はそんな息子を許さず、さまざまな式典でスピーチを命じる。ジョージの妻エリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)は、スピーチ矯正の専門家ライオネル(ジェフリー・ラッシュ)のもとへ夫を連れていくが……。

うまく喋れず悩んでいた王族のジョージが、少々奇抜な方法で吃音を克服し演説するシンプルな展開。彼は病気だったのだろうか?吃音になったきっかけは?自分の声が聞こえない状態でなら治療しなくてもスピーチ可能であるなら、まずはそれでいいんじゃない?って気もする。本当なら、原因を突き止め、その原因を克服しヒトラーばりの演説でクライマックスを迎えて欲しかった。

兄の女性関係エピソードは完全に不要で、物語を間延びさせているだけ。ジョージとエリザベス妃、そしてライオネルの3人。あとは原因かもしれない父の4人だけでよかったんじゃないか?という気さえしてくる。ジョージが真に苦しみ、妻が支え、ライオネルがそっと手を差し伸べる。そういう作品だったらよかったのに。
★3

|

« ヒア アフター | Main | クロサワ映画 »

Comments

"No, you are not, Master Jack, but a long way from it; Knightley saw you were intending to cross him also, and by waiting his time, caught you cleverly on the hop.

Posted by: foot massager | January 07, 2012 at 04:15 PM

If he could stay only a couple of days, he ought to come; and one can hardly conceive a young man's not having it in his power to do as much as that.

Posted by: moncler jacken | January 07, 2012 at 04:17 PM

If he could stay only a couple of days, he ought to come; and one can hardly conceive a young man's not having it in his power to do as much as that.

Posted by: moncler jacken | January 07, 2012 at 04:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/53677583

Listed below are links to weblogs that reference 英国王のスピーチ:

« ヒア アフター | Main | クロサワ映画 »