« December 2011 | Main | February 2012 »

January 07, 2012

クロサワ映画

『クロサワ映画』をDVDで鑑賞。

あらすじ:
森三中の黒沢かずこは、メンバーの大島美幸、村上知子に出遅れ、一人だけ女の幸せを逃していた。そんなある日、パーティー会場で黒沢のファンというイケメン俳優・渋江譲二が声を掛けてくる。降ってわいたような出会いに舞い上がる黒沢と渋江は急接近! 黒沢はアラサー独身女の代表という汚名を返上するかに見えたが……。

ドッキリとは思えないくらい偶然性の強いドッキリを映画にしてみましたって感じですが、ドッキリと分かった時は素直に面白かったですね。でも、それだけ。恋に関するエピソードと笑いで構成されていますが、中身は実は薄い。ってか、カメラ無い所でそこまでやるのか?と引いてしまうシーンも。。。

嫌いではありませんが、意外性は殆ど無くて、ドッキリと分かるその時だけ。その一瞬に全てをかけた作品ですね。
なにやら賞をとっているというので期待してしまいましたが、少々期待し過ぎたかも。バラエティ番組を見るつもりで、軽く酒でも飲みながらリラックスするのにはいいかもしれません。作品を楽しもう!って感じではないかな?。
★3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

英国王のスピーチ

『英国王のスピーチ』をDVDで鑑賞。

あらすじ:
幼いころから、ずっと吃音(きつおん)に悩んできたジョージ6世(コリン・ファース)。そのため内気な性格だったが、厳格な英国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)はそんな息子を許さず、さまざまな式典でスピーチを命じる。ジョージの妻エリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)は、スピーチ矯正の専門家ライオネル(ジェフリー・ラッシュ)のもとへ夫を連れていくが……。

うまく喋れず悩んでいた王族のジョージが、少々奇抜な方法で吃音を克服し演説するシンプルな展開。彼は病気だったのだろうか?吃音になったきっかけは?自分の声が聞こえない状態でなら治療しなくてもスピーチ可能であるなら、まずはそれでいいんじゃない?って気もする。本当なら、原因を突き止め、その原因を克服しヒトラーばりの演説でクライマックスを迎えて欲しかった。

兄の女性関係エピソードは完全に不要で、物語を間延びさせているだけ。ジョージとエリザベス妃、そしてライオネルの3人。あとは原因かもしれない父の4人だけでよかったんじゃないか?という気さえしてくる。ジョージが真に苦しみ、妻が支え、ライオネルがそっと手を差し伸べる。そういう作品だったらよかったのに。
★3

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ヒア アフター

『ヒア アフター』をDVDで鑑賞。

あらすじ:
霊能力者としての才能にふたをして生きているアメリカ人のジョージ(マット・デイモン)、津波での臨死体験で不思議な光景を見たフランス人のマリー(セシル・ドゥ・フランス)、亡くなった双子の兄と再会したいイギリスの少年マーカス。ある日のロンドンで、死に取りつかれた3人の人生が交錯する。

死をテーマとした作品なのだろうか?。死者の声が聞こえる男。臨死体験を忘れられず社会復帰出来ない女。兄を亡くし兄に会いたい弟。
ジョージは2人と共有し、未来に向かってフェードアウトしていった。良かったね。んで?何が言いたかったのだろうか?。

マリーが書いた”未来”という本を読み、ジョージは何を思ったのか?何が書かれていたのか?全ては謎。
そもそも、彼女は何故”未来”を書いたのか?分からない。
完璧な不完全燃焼状態。

印象に残ったのは、冒頭の津波シーン。
3.11とダブってしまう恐ろしい光景がそこにはあった。それだけ。

マット・デイモンが出ていたので期待したのだが、肩透かしをくらってがっかり。
★3

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2011 | Main | February 2012 »