« 塔の上のラプンツェル | Main | クローズド・ノート »

September 22, 2011

孤高のメス

『孤高のメス』をDVDで鑑賞。 

あらすじ: 1989年、ある地方都市。市民病院に赴任した外科医の当麻(堤真一)は病院の体制に不満を感じながらも、次々と困難なオペに取り組み、医師としてやるべき仕事にまい進していく。しかしそんな中、病に倒れた市長のために、違法となっている肝臓移植手術を施すべきか否かの選択を迫られ……。

ここ数年、医療関係のドラマをよく見るようになった。
白い巨塔、医龍、チームバチスタ、ゴッドハンド輝、GM~踊れドクター、JIN-仁- 等々。
志の高い医師に引っ張られ高みへ!ちょっと医龍を思い出す。ストーリーは決して難しくこねくりまわしていない。神業が炸裂するわけではない。当麻に引っ張られチームの士気が上がる。最後に当麻は進退をかけて命を救う。
最後以外、日常を切り取ったかのようなシンプルなストーリーを、ナース(夏川結衣)であった母の記録を思い出す形で再現されるのだが、その夏川結衣がいい。彼女の勤勉さ。医療に関わる人としての誇り。志を同じくした戦友との別れ。見ていて凄く魅力を感じる。

画面的には全く華々しくなく地味。本当に日常。そうだよね。やっぱそうなんだよね。と思う。そこがドラマと映画の違いでというか、監督の癖なんだろうか?。モノトーン気味の描写は余計な情報をシャットアウトし、物語や役者の演技で見せる。いいなぁ。そして、とにかく成功するのがいい。少し犯罪絡みのネガティブ傾向なドラマも見られるなかで、真っ直ぐ向き合い助ける。
ハッピーエンドはいいものです。
★4

|

« 塔の上のラプンツェル | Main | クローズド・ノート »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/52799755

Listed below are links to weblogs that reference 孤高のメス:

« 塔の上のラプンツェル | Main | クローズド・ノート »