« July 2011 | Main | September 2011 »

August 31, 2011

マルタのやさしい刺繍

『マルタのやさしい刺繍』をDVDで鑑賞。

あらすじ:
夫の死により打ちひしがれたマルタ(シュテファニー・グラーザー)。そんな中、村の男声合唱団の新しい団旗を、仕立て屋だったマルタが作ることに。生地店の美しいレースを見ているうちに、マルタは“パリに自分で仕立てたランジェリーのお店を開くこと”が夢だったことを思い出す。昔の勘を取り戻しながら下着を仕立てあげたマルタだったが、厳格なプロテスタントの村では受け入れてもらえなかった。


希望を無くしたおばあちゃんが、封印していた夢に向かって見事に復活する。どんなに暗い話なんだろう?なんて不安は必要なかった。真の友という存在がいかに素晴らしいか?必要か?という事を考えずにはいられない。そして、情熱というのは年齢に関係なく伝わるのだということが改めて表現されると、実はこんなに嬉しくなるもんなんだなぁという事に気づく。

小さな村で起こる様々な出来事。団旗なんて破れてなければいいじゃないか?とか、下着の店を目の仇にするなんて今時とか思わなくもない。しかし、そういう閉鎖的な村のエピソードが次々と繰り返されるのを見るにつけ、村で生きる為には染まるしかないんだと思いしらされる。小さな村で皆から相手にされなくなったら死活問題。そこを挫折しそうになりながらも正面から立ち向かうマルタおばあちゃんがいい。

色々と考えるところがある作品ではあるけれど、とにかくハッピーエンドでよかった。但し、負けた保守派政党のフリッツも伝統を重んじているだけで、あそこまで凹ませると少々可哀想ではある。(^^;
★4

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 19, 2011

借りぐらしのアリエッティ

『借りぐらしのアリエッティ』をDVDで鑑賞。

あらすじ:
とある郊外に、荒れた庭を持つ広大な古い屋敷があった。その床下に、もうすぐ14歳になるアリエッティ(声・志田未来)、その父ポッド(三浦友和)、母ホミリー(大竹しのぶ)の3人の家族が、ひっそりと静かに暮らしていた。屋敷の床上には、68歳の女主人・貞子(竹下景子)と65歳のお手伝い・ハル(樹木希林)の2人の老婦人が住んでいる。小人たちの暮らしは、彼女たちに気づかれないように少しずつ、石鹸や食べ物、電気やガスなど必要なものを、必要な分だけ借りてきて成り立つ“借りぐらし”だった。ある夏の日、その屋敷に、12歳の少年・翔(神木隆之介)がやってくる。母が育ったその屋敷で、病気の療養をするためだった。床下の小人たちには、人間にその姿を見られたら引っ越さなければならないという掟があった。しかし、アリエッティは翔に姿を見られてしまう。ポッドは、家族を危険にさらすことになるとアリエッティを諭すが、アリエッティはそんな父に反発する。生来の好奇心と向う見ずな性格も手伝い、アリエッティは次第に翔に近づいていく。そのころ、大きな事件がアリエッティとその家族に迫っていた。


まぁ一言でいうとツマラナイ。アリエッティが父の忠告を無視した結果、住み慣れた家を離れなければならない。忠告を無視したのだからやむおえないでしょう。同情の余地はない。ハルが小人を害虫扱いするのは至極当然のことで、むしろ翔の行動が理解できない。前知識なくアリエッティを受け入れられる?アリエナイ。何を楽しめばいいの?アリエッティ達が冒険のごとく暮らす、私たちからすると非日常的な彼らの日常にもっと魅力があったハズでは?と思います。だから冒頭はよかった。人と理解しあう、共存できるのか?的な演出になってしまって一気にトーンダウン。

音楽も印象薄く、映像も無難ですが、素晴らしいと思えるほどではない。キャラクターも弱く、実はハルさんが一番記憶に残っていたりする。それって変でしょう。アリエッティが素敵じゃなきゃぁね。

翔がドールハウスのキッチンをいきなりプレゼントしたのも驚いた。そこにあるって何故知ってる???。強引に交換しキッチン意外の部屋が壊れてしまっていいのか?。翔の余計な親切が無ければハルも気がつかずアリエッティ達は幸せ?に暮らせたはず。そういう意味では翔の存在はアリエッティにとって悪であるはずなのに、あのエンディング?まったくもって分からない。
ジブリは迷走している。
★2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

歩いても 歩いても

「歩いても 歩いても」をDVDで鑑賞。

あらすじ:
夏のある日、横山良多(阿部寛)は妻のゆかり(夏川結衣)と息子のあつし(田中祥平)とともに実家に帰省した。この日は、15年前に他界した兄の命日。しかし、失業していることを口に出せない良多にとって、両親(原田芳雄、樹木希林)との再会は苦痛でしかなかった。


命日に集まった家族。一見中身なんてなさそうな家族の会話。特にとし子とちなみがしゃべりまくるのだが、時折、暗い影というか、小さな棘がある。そりゃぁ息子を亡くした親に裏の顔があったって驚きはしない。頑張って見せていても、本当の悲しみを忘れることなんて無理。息子達と両親の悲しみのギャップ。これだけ時間が経っても埋まることのない深い溝が出来てしまったらしい。そんなもんなんだろうか?。悲しみを共有し溝を無くす努力をすることはむしろ逆効果なのだろうか?溝を埋めず明るいふりをして歩き続けることはいけないことなんだろうか?。その答えは自分が見つけださなければならないのだが、もう少し考える時間が必要。

悲しいんです!と言わずしてびしびしと伝わってくる。役者がいいのだが、原田芳雄、樹木希林、阿部寛が特に素晴らしい。背中で演技してるんだなぁ。

ちょっと薄暗い家と、特徴的な階段。ほっとするのは、良多の家族が4人になってお墓参りにきたこと。あぁこれで良かったんだなぁと。
★4

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 18, 2011

iPOD touchでYouTubeの動画を見る方法

iPOD touchでYouTubeの動画って見れるのだろうか?と探してみたら、やっぱりあるもんです。

さて、その方法ですが、2通り。
PCを経由する方法と、ダイレクトにDLする方法。

【PCを経由する方法】
1.IEでDLしたい動画を見る

2.IEのキャッシュフォルダから今見た動画をデスクトップ等にコピーする
  キャッシュフォルダは以下
  C:\Users\ここはuser名\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files
  ※キャッシュは事前にクリアしておくとファイルを探しやすいです
  
  videoplayback?sarams=id......という長い名前のファイルが対象ファイル

3.コピーしたファイルを任意の名前にリネーム
  この時、拡張子を 『flv』 にします
  このファイルはflvに対応したプレーヤーで再生可能です。
  ※GOM PLAYERとかがフリーのツールとしてDL/Install可能です

4.flvファイルをmp4に変換します
  「GOM ENCODER」 を使いました。
  探せば他にもあると思います。
  このツールはプロダクトキーを入力しなければフリーですが、出来たファイルにロゴが入ってしまいます。
  それが嫌なら他のツールを探しましょう。
  ツールを起動します。(ライセンスキーは入力せず「後で認証」とします)
  flvファイルをツールにドラッグ&ドロップします。
  保存フォルダを設定します。(C:\Users\ここはUser名\Videos\とかにすると楽?)
  開始ボタンを押すとmp4ファイルが指定フォルダに出来上がります。

5.iTunesを起動し、作成した動画ファイルをライブラリに追加します
  無事追加されましたか?これでiPOD touchを接続し同期すればYouTubeの動画が見れます。

【ダイレクトにDLする方法】
1.clipboxというフリーのツールをインストールします

2.ツールを起動し、ダウンロードを選択します

3.ブラウザを選択します

4.GoogleでYouTubeを検索し移動します
  ※ホームページをYouTubeに変更しておくと、次からGoogleにいかず面倒ありません

5.YouTubeでDLしたい動画を検索し、動画を選択。

6.「+」を押して、「Are you ok?」を押し、「Really?」を押します

7.保存先を変えるならここで変更し、「OK」を押せばDLが始まります

8.DLしたファイルは、起動直後のマイコレクションから見ることが出来ます。
  ※保存先をマイコレクションから変更していれば、自分が指定したフォルダを見てください。

以上で2種類の方法紹介を終了します。
なお、たぶん大丈夫だと思いますが、セキュリティ面で「保障」は出来ませんのであしからず。(^^;
では、お好きな方法を使ってYouTubeを楽しみましょう。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

August 17, 2011

ツーリスト

『ツーリスト』をDVDで鑑賞。

あらすじ:
傷心を癒すためイタリアを訪れたアメリカ人旅行者フランク(ジョニー・デップ)は、ベネチアに向かう車中で見知らぬ上流階級の美女エリーズ(アンジェリーナ・ジョリー)に声をかけられる。妖艶な彼女に誘われるまま、アバンチュールに酔いしれるフランク。しかし、すべては仕組まれた罠だった……。謎の美女エリーズに翻弄され、知らないうちに巨大な事件・陰謀に巻き込まれていくフランクの運命は……?


どうも印象薄いんですね。偶然に頼った脚本だったから?っていうか単純に面白く感じなかったからですね。ジョニー・デップが出ていたから見たけれど、じゃなければ興味もわかなかった。で、見てみたけれど、やっぱり整形後がジョニーデップの顔だったって事で、あとは基本逃げるだけ。それも裸足で屋根の上を不細工に走ってみたり、スマートじゃない。小型船での逃走劇もいまいち思い出せないくらい面白くなかった。

エリーズは体格が似ていたからフランクをパートナーに選んだけれど、間違った恋に落ちることは無かった。つまり魅力がなかったんでしょ?。なのに、整形後だと分かったらOKなの?と素朴に疑問。

ジョニー・デップの魅力ってなんなんだろう?と最近思わなくもない。これ!っていう作品はずいぶん昔までさかのぼらないと出てこない。存在感が弱いのかなぁ。ファンの方には申し訳ないけれど、そう思わなくもないこの頃。

ベネチアの夜は綺麗だった。ちょっと行ってみたくなりましたね。
★3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 08, 2011

南極料理人

『南極料理人』をDVDで鑑賞。 

あらすじ:
西村(堺雅人)は南極の昭和基地からも遠く離れた陸の孤島、南極ドームふじ基地に料理人として派遣される。妻(西田尚美)と娘を置いての単身赴任生活で、彼は8人の男性南極越冬隊員たちの胃袋を満たすという大役を任される。基地では雪氷学者(生瀬勝久)をはじめ、雪氷サポート隊員(高良健吾)らが彼の料理を心待ちにしており……。


西村は適当に単身赴任期間を過ごしてもよかった。しかし他の隊員が適当な中で彼は真面目だった。ただそれだけなのに、そのあまりに普通っぽいというか、修学旅行的な南極隊員達の行動が微笑ましく、西村の真面目さが「いるよねぇ」と思わせる。
食は何より全ての欲求に勝る。
だから、焼き肉や海老フライにニヤッとし、たかがラーメンが騒動の元になる。実はたいしたことしてないのに、南極という場所にいるというだけで受ける印象が変わってしまう不思議。

特に一番印象的だったのは、日本と南極のテンションが大きく違うことかな?。やっぱそうなるよねぇ。単身赴任って過酷だわぁと思った。本当に辛そう。また、彼女にふられて...。でも電話越しに猛アタック?おいおい!。でも、成果が出たのは笑えた。全体的に過剰な演出ではあるけれど、まぁ娯楽作品としては許せる範囲の羽目外しかな?。

撮影は北海道らしい。いやいや寒そうでした。屋内が多いとはいえ、寒そうなシーンもちらほら。でも、南極ってもうちょっと寒そうかも。(^^;
★4

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2011 | Main | September 2011 »