« コップ・アウト 刑事(デカ)した奴ら | Main | しあわせの隠れ場所 »

April 01, 2011

ぐるりのこと。

『ぐるりのこと。』をDVDで鑑賞。

あらすじ:
1993年、何事にもきちょうめんな妻の翔子(木村多江)と法廷画家の夫カナオ(リリー・フランキー)は、子どもを授かった幸せをかみしめていた。どこにでもいるような幸せな夫婦だったが、あるとき子どもを亡くしてしまい、その悲しみから翔子は心を病んでしまう。そんな翔子をカナオは温かく支え続け、2人の生活は少しずつ平穏を取り戻してゆく。

非常に重たい作品。子供を亡くし鬱になった妻を、ちゃんとしない夫が支える。闇の部分が重たくて息苦しい。作品として評価できるが、好き嫌いで言ったら好きじゃない。嫌いってほどでもないけど。ハッピーエンド。その通りなんですけど、どこかすっきりしないのは、生々し過ぎるからかな?。

そういう意味で木村多江とリリー・フランキーの演技は素晴らしいんだと思う。下手ならそこに逃げ込めるけど、そんな隙なかった。映画を見たいならお薦め。
今の私には少々しんどかった。
★3

|

« コップ・アウト 刑事(デカ)した奴ら | Main | しあわせの隠れ場所 »

Comments

Great weblog right here! Also your web site rather a lot up very fast! What web host are you using? Can I am getting your affiliate hyperlink on your host? I desire my sitge loaded up as fast ass yours lol

Posted by: variasmanualidades.wordpress.com | October 09, 2013 at 04:42 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/51272422

Listed below are links to weblogs that reference ぐるりのこと。:

« コップ・アウト 刑事(デカ)した奴ら | Main | しあわせの隠れ場所 »