« しあわせの隠れ場所 | Main | 縞模様のパジャマの少年 »

April 04, 2011

ドラゴン・キングダム

『ドラゴン・キングダム』をDVDで鑑賞。

あらすじ:
カンフーマニアで、孫悟空を夢見る17歳のジェイソン(マイケル・アンガラノ)。ある日チャイナタウンでギャングに追われた彼は、次の瞬間古代中国のとある村で目を覚ます。大酒飲みの男ルー・ヤン(ジャッキー・チェン)に危機を救われたジェイソンは、やがて白馬に乗ったサイレント・モンク(ジェット・リー)に出会い……。


ジャッキー・チェンとジェット・リーの共演。それが今まで実現していなかった?確かになかったかも。で、そんなに期待せずレンタルし見てみた。ワイヤーは不要だし、孫悟空やジェイド将軍すらいらなかった気がする。それはそれとして、”いい!すっごくいい!”。映画ファンには受け入れられないかもしれないが、カンフー好きにはたまらない。ジェット・リーが現役バリバリなのは知ってたけど、ジャッキー・チェンがあそこまで動けるとは意外(失礼)だった。そんな黄金期を支えている2人を同じスクリーンで見れる喜び。しかもジャッキー・チェンが蛇拳で師匠?時代は変わりましたね。風貌もそれっぽいし。(^^)
流れるような動きはまさに芸術。過去の作品みたいにずっと修行ではなくストーリーもそこそこあるので飽きません。

とにかく2人がいいんですが、それ以外のメンバーも素晴らしい動きです。敵も強くないと面白くないですからね。ジャッキー・チェンと酒。ジェット・リーと僧侶。なかなかしっくりきていました。まさか2人とも2役とは。まぁかたっぽはオマケではありますが。少林寺以来、期待しては裏切られることが続いていましたが、やっと今できるカンフーというのを見れた気がします。
★4

|

« しあわせの隠れ場所 | Main | 縞模様のパジャマの少年 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/51301225

Listed below are links to weblogs that reference ドラゴン・キングダム:

« しあわせの隠れ場所 | Main | 縞模様のパジャマの少年 »