« 小さな命が呼ぶとき | Main | サロゲート »

January 07, 2011

インセプション

「インセプション」をDVDで鑑賞。w


あらすじ:
コブ(レオナルド・ディカプリオ)は人が夢を見ている最中に、その潜在意識の奥深くにもぐり込んで相手のアイデアを盗むことのできる優秀な人材だった。彼は、企業スパイの世界でトップの腕前を誇っていたが、やがて国際指名手配犯となってしまう。そんなある日、コブの元に“インセプション”と呼ばれるほぼ不可能に近い仕事が舞い込む。

夢を使うというアイデアはありそうな気もするけれど、更に夢を使うという発想はありそうでなかった気がするのと、時間感覚をずらしたのが適度に緊張感が増して正解。夢を創造するという話も面白く、まぁマトリックスの延長ではあるけれど、オリジナルっぽくて違和感は感じなかった。但し、もう少し創造してくれるとアリアドネの存在意義があがったのに残念。

ディカプリオの主演作品はキャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンを観たような気がしていて実は観ておらず、ブラッド・ダイヤモンド以来となりますが、それほど悪い印象はなくて無難に主役をこなしたかな?という印象でした。渡辺謙も普通で、言えば誰が素晴らしかったということはなく、全員で作った成功だった気がします。

映像的には、どれだけリアルな夢を作るか?なので、普通。第4階層で現実離れした世界がちょこっとあったものの、飛びぬけて賞賛するほどでもない感じ。総合的にはストーリーの勝利で、チーム感がうまくバランスしていたのが良かったんだと思います。
★4

|

« 小さな命が呼ぶとき | Main | サロゲート »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/50515885

Listed below are links to weblogs that reference インセプション:

« 小さな命が呼ぶとき | Main | サロゲート »