« ラースと、その彼女 | Main | グリーン・ゾーン »

December 30, 2010

007/ロシアより愛をこめて

「007/ロシアより愛をこめて」をDVDで鑑賞

あらすじ:
英国情報部に、ソ連情報部のタチアナという女性が亡命を希望してきた。彼女は手土産に、最新式の暗号機を持ち出すという。そして、彼女自身の希望で、ジェームズ・ボンドが派遣されることになった……。国際的犯罪組織スペクターが仕組んだ、英ソ間を巻き込む陰謀との闘いを描く。

実はボンド作品のデビュー作がこれ。ってくらい殆ど見ていない。スパイ映画は好きなはずなんだけど、なんとなく遠かったんですね。まぁ、ご都合主義ではあります。そうですが、スパイ物ってえてしてそういうものだし、それを受け入れないと楽しめない。若かりしショーン・コネリーに違和感を感じながらも、小気味よく展開するストーリーは見る側を飽きさせない。

仕掛けも派手すぎずいいですね。登場人物も最小限で分かりやすいです。『ついてこれるか?』的な作品が増えてきているような気がするなか、見る側に優しい作品ってのも悪くないものです。
★3

|

« ラースと、その彼女 | Main | グリーン・ゾーン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/50443189

Listed below are links to weblogs that reference 007/ロシアより愛をこめて:

« ラースと、その彼女 | Main | グリーン・ゾーン »