« 20世紀少年<第2章> 最後の希望 | Main | アリス・イン・ワンダーランド »

September 11, 2010

20世紀少年<最終章> ぼくらの旗

『20世紀少年<最終章> ぼくらの旗』 をDVDで鑑賞。

あらすじ:
“ともだち歴3年”の2019年、世界は世界大統領として君臨する“ともだち”に支配され、殺人ウイルスがまん延する東京は壁で分断。都民の行動は完全に制限されていた。そんな中、カンナ(平愛梨)は反政府組織として武装蜂起する一方、“血の大みそか”以降、行方がわからなくなっていたケンヂ(唐沢寿明)が突然現われる。


さすがに最終章なのでケンヂも登場。あいかわらず登場人物は多いが、まぁなんとかついていけたかな?という感じ。しかしというか、やむおえないのだが、ケンヂが登場したおかげでカンナ、オッチョ、ヨシツネのインパクトが減り、第2章の勢いがしょんぼり。これはチョット寂しい。キリコが救世主ばりに登場し”8月20日正午の宇宙人”に対抗すべくワクチンを作るのだが、これも成果としてのインパクトからすると切り捨ててよかったかもしれない。

どうしても気になったのが、ケンヂの歌です。まるっきり好みの問題ですが、私には響かなかったなぁ。この作品のイメージソングですよね?唐沢寿明ではなく、松山千春あたりに歌って欲しかった。もったいなかったなぁ。

”ともだち”が必要だったもの。「ごめんね」って凄くシンプルなんだけど、なかなか言えないこと。結局は”ともだち”を、そして世界を(変える)ことは出来たのかな?仮想的には救ったけど、現実としてどうかな?が心配。
ま、救えたんだけど。
★3

|

« 20世紀少年<第2章> 最後の希望 | Main | アリス・イン・ワンダーランド »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/49412056

Listed below are links to weblogs that reference 20世紀少年<最終章> ぼくらの旗:

« 20世紀少年<第2章> 最後の希望 | Main | アリス・イン・ワンダーランド »