« 天使と悪魔 | Main | 劒岳 点の記 »

January 06, 2010

ターミネータ4

『ターミネータ4』 をDVDで鑑賞。?

あらすじ:
2018年。スカイネットが引き起こした“審判の日”をかろうじて生き延びた人間たちは抵抗軍を組織し、大人になったジョン・コナー(クリスチャン・ベイル)もその一員としてスカイネット率いる機械軍との死闘に身を投じていた。そんなある日、ジョンはマーカス・ライト(サム・ワーシントン)と名乗る謎の男と出会う。彼は過去の記憶をなくしており、脳と心臓以外すべて機械化されていた。それでも自分は人間だと主張するマーカスに対し、敵か味方か判断しかねるジョン。しかし、将来彼の父となる少年カイル・リース(アントン・イェルチン)に身の危険が差し迫っていることをマーカスから知らされ、ジョンはある決意を固めるのだが...。

久々に見たターミネーターではあるんだろうけれど、もはや初期のターミネーターではないのね?って早々に気がつく。(^^; そうすると、今更T-1000じゃなくT-800?あぁそうか!2018年っていったけ?まだT-800を作ったところだよね?はいはい。T1につながる話ってことでいいかな?。みたいな適当なノリで見れます。弱そうだったマーカス・ライトが最後はT-800とがっつり戦うところは???ですが、まぁ全体の流れは悪くないんじゃないでしょうか?。但し、初期のような”ダダン・ダッ・ダダン”って聞いただけでT-800を想像したようなインパクトはなく、優等生的にまとめられてしまっているので、よく出来たB級VFX作品になってしまったなぁと思います。

やっぱりシュワちゃんがいないのは寂しいですね。皆頑張っていますが、一度ついたイメージはななかなとれないもので、どうしても引きずってしまいます。興行収入がどんどん落ちてるという情報を目にしましたが、なんとなく納得です。頑張っているのは分かるんですが、インパクトのある役者がいないんですよね。ジョン・コナーも風貌変えちゃえばよかったのに?と思わなくもないです。

VFXは特に文句ないです。今更、特別素晴らしいってレベルとは感じませんでしたが、がっかりはしませんでした。
★3

|

« 天使と悪魔 | Main | 劒岳 点の記 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/47217740

Listed below are links to weblogs that reference ターミネータ4:

« 天使と悪魔 | Main | 劒岳 点の記 »