« June 2009 | Main | August 2009 »

July 19, 2009

崖の上のポニョ

『崖の上のポニョ』をDVDで鑑賞。

あらすじ:
5歳の少年宗介は、海辺の小さな町のがけの上の一軒家で暮らしていた。市街地から外れた彼の家の周囲には何もさえぎるものはなく、ただただ青く美しい海と空が広がっている。仕事で留守になりがちな父親の不在を寂しく思っていた宗介だったが、ある日、浜でさかなの子ポニョと出会うことでその寂しさも忘れ、やがて2人は強いきずなで結ばれていく。

とにかくポニョが好きになれるかどうか?ここに全てがかかっている作品だと思いました。というのも、ストーリーは微妙に子供向け単純路線から少し脱線しているようで、かと言って大人が楽しめるほどしっかりしていない。あれれ?と疑問に思うシーンが随所に見られ、中身よりとにかく見た目重視の仕上げになっているというのが第一印象です。
あ、”ポニョポニョポニョさかなの子”も印象に残りましたね。思わず娘の前で口ずさんでいたりします。

絵ですが、これはいいです。
”情熱大陸”というドキュメンタリー番組で、ゲド戦記公開直後の宮崎駿を放送した時の話です。とにかく、ポニュという愛らしい孫のようなキャラクターにニンマリとし、CGではなくセルにこだわっていました。一瞬で終わる水中のシーンのためにダンボール数箱分のセル。やっぱりアナログも捨てたもんじゃないな~って素直に思える仕上がりでした。

繰り返しになってしまいますが、ストーリーに苦労されていたわりに、これ?って感じなのが残念ですね。特に後半、魔法で月の接近を防いでいるとか、海に沈んだ町がどうなったのか?など、やり過ぎ感が強く残りました。やっぱり、ポニョっていうキャラクターが好きになれるか?手書きのアニメーションが好きになれるか?にかかっているってことですね。
★3

| | Comments (25) | TrackBack (1)

« June 2009 | Main | August 2009 »