« 時をかける少女 | Main | やがて復讐という名の雨 »

May 17, 2009

地球が静止する日

『地球が静止する日』 をDVDで鑑賞。

あらすじ:
ある日、謎の巨大な球体が地球に飛来、アメリカ政府が厳戒態勢を敷く中、宇宙からの使者クラトゥ(キアヌ・リーヴス)とロボットの“ゴート”がセントラルパークに降り立つ。ダイヤモンドも歯がたたない”ゴート”は、小さな虫に分解し、全ての物を浄化する能力をもっていた。あらゆる分野の専門家を集めた対策チームが組織され、亡き夫の連れ子ジェイコブと2人暮らしの生物学者ヘレンも強制的に招集される。やがて軍の施設でクラトゥに対する尋問が試みられるが、クラトゥは特殊な能力で拘束を解くと施設から姿を消してしまう。クラトゥの目的も判らぬまま世界中がパニックとなる中、クラトゥは協力者にヘレンを選び接触を図る。そしてついに、ヘレンはクラトゥから衝撃の事実を告げられる。地球を守るために必要な事とは...。

1951年版のリメイクであったことは今知りました。今回の展開が?だっただけに、前作に興味ありますね。リメイクするくらいだから”いい”んだと思うんです。なにしろ『サウンド・オブ・ミュージック』の監督ですからね。

地球のために邪魔な物を処分する。う~ん。そういうメッセージはわかるんでが、その気で来ていて即実行しないクラトゥってどうなの?。なんで70年とかいう中途半端な時間監視して決めたんだろう?。不思議です。ゴートが小型に分解するのはまぁいいとして、虫ってのは気味悪いです。あくまで個人的に一番嫌いな虫に似ていたもんで引きますね。(^^;

ありがちな子供の暴走シーンは宇宙戦争を彷彿とさせいらいらしますし、キアヌの演技も微妙。地球を救いに来たってわりには温かみがないんですよ。確かに人類に対しては敵かもしれませんが、芯に温かいものがあるハズじゃないですか?。だから最後は70年かけた調査報告を自分がちょっと見ただけで覆すわけでしょ?。そのしっかり感情をもっている生命体なんだって感じがないんですよね。そこが一番の違和感だと思います。

VFXはハリウッドなんで文句ないです。こういうの作らせたらさすがですよねぇ。それくらいかな見どころは...。
★2

|

« 時をかける少女 | Main | やがて復讐という名の雨 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/45038765

Listed below are links to weblogs that reference 地球が静止する日:

« 時をかける少女 | Main | やがて復讐という名の雨 »