« クローズZERO | Main | 魔法にかけられて »

April 29, 2009

12人の怒れる男

『12人の怒れる男』 をDVDで鑑賞。

あらすじ:
ロシアのとある裁判所で世間の耳目を集めたひとつの殺人事件が裁かれていた。被告人はチェチェンの少年。養父であるロシア軍将校を殺害した罪に問われ、検察は最高刑に当たる終身刑を求刑。3日間の審理も終わり、残すは12人の陪審員による評決を待つばかりとなる。いくつもの状況証拠から、有罪は誰の目にも明らかと思われた。
陪審員たちの中にも簡単に済ませてしまおうとの空気が流れ、直ちに挙手による投票が行われた。ところが、11人が有罪に手を挙げる中、ただひとり、陪審員1番の男だけが遠慮気味に無罪に1票を投じる。有罪票を投じた男たちは、陪審員1番の思いがけない行動に不快感を露わにするが...。

オリジナルは1957年につくられたもので、この作品はロシア版リメイク。ちなみに、1997年にテレビ映画として『12人の怒れる男 評決の行方』との名でリメイクされていて、全て鑑賞しました。

どの作品もよかったんですが、最初にみた1997年のリメイク版が一番印象に残っています。今回のロシア版リメイクは政治的な背景も加えられ深みが増した気がします。まが、各俳優の雰囲気と性格がリンクしにくかった印象を持ちました。慣れの問題だと思います。

このリメイクは最後の10分が肝ですね。確かに確実な有罪でなければ無罪。この作品は、その先の人生まで陪審員が背負おうと試みたところです。正義とは?で終わらなかった...。好みが分かれるところです。ちょっとやりすぎだった気もしますね。(^^;
★4

|

« クローズZERO | Main | 魔法にかけられて »

Comments

Hey I know this is off topic but I was wondering if you knew of any widgets I could add to my blog that automatically tweet my newest twitter updates. I've been looking for a plug-in like this for quite some time and was hoping maybe you would have some experience with something like this. Please let me know if you run into anything. I truly enjoy reading your blog and I look forward to your new updates.

Posted by: sbothai | October 13, 2015 at 07:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/44836263

Listed below are links to weblogs that reference 12人の怒れる男:

« クローズZERO | Main | 魔法にかけられて »