« K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝 | Main | ネイピア数eの累乗 »

January 30, 2009

アラビアのロレンス

『アラビアのロレンス』 をDVDで鑑賞。

あらすじ:
1916年、カイロに赴いている英国陸軍のロレンス少尉(ピーター・オトゥール)は、トルコへの反乱に意気込むアラブ民族の現状を確かめに向かった。そこで彼は反乱軍の非力を痛感し、アラブ種族をまとめ上げてゲリラ戦へ打って出ることに。やがて、トルコの一大拠点・アカバを巡って激闘を展開し、勝利する。そして、再びゲリラ戦の指揮官として新しい任務(シリア・アラブ共和国の首都・ダマスカスの解放)を与えられ、英軍正規部隊より早くトルコ軍を打倒するロレンス。だが、一方でアラブ同士の争いが起こり、彼も尽力むなしく徐々に孤立していく...。


227分という、かつて無い長編。その理由は、見せる所をしっかり見せる!というこだわりからでした。冒頭 バイクのシーンでは、ローレンスの視線からの映像で何か起きそうな非常に不安定な、やけになっている心理を見事に描写して見せ、砂漠のシーンでは、孤独感であったり、ココは守るべき場所でしょ?という事を明確にしてくれます。それらを一瞬見せるのでは無く、じっくりと見せてくれるんですね。足して失敗する作品は多いですが、足して成功している数少ない作品だと思いました。みとれてしまうという表現は的確ではありませんが、早く次へ!とは思いませんでした。それは見せ方が単調なだけではなく、美しさであったり、威厳であったり、スケール感をじっくり楽しみたい欲求を満たしてもらえたからだと思います。だから印象にも残るんだと思いますね。

さて、物語りはちょっと風変わりなロレンス少尉がアラビアで英雄となるものの、使い終わったらポイされてしまうちょっと悲しい話です。彼は挫折しながらも自身のアイデンティティのため必死に前進します。時に自分は”神”ではない事を確認するかのように逃げだそうともしますが、しかし命令には逆らえず戻ってくるロレンス。結構弱いんだけど、でもアラビアのためとなると結果的に命をかけてしまっているという、刹那的に真っすぐで熱い行動にハッとさせられます。死ぬ思いでアラビアという国を解放に導いたものの、結局は使い捨てられ、時代においていかれた事を悟る事になる悲しさ...。追いつこうと無茶をして、無敵(だって神様)とも思えた人生の幕があっさりと降りてしまうあっけなさ。自分の居場所はあるの?自分は今何処に立っているの?自分には人生をかけられるほどの "何か" はあるの?と確認せざるおえないです。

個人的に、ピーター・オトゥールはキリアン・マーフィと見た目の雰囲気が似てるなぁと思い、そして演技の奥深さも似てる気がするな~と思いました。底が見えないというか、一見すると物腰が柔らかいんだけれど、内に秘め芯の部分はがっちりしていてブレが無い気がするんですよね。そんな所がそっくりで、 凄く良かったし好きです。

前述しましたが、実はストーリーとしては以外とシンプル。しかし4時間近い作品です。余分なシーンはありません。切るところは切ってあるし、見せるところは十分な時間を使って脳裏に焼き付くまで堪能出来る。でも少し疲れました...。今、これだけの作品を作るのは難しいですよね。かといって、2部構成にしてしまい時間を空けてしまうとどうだろ?。最近よく邦画で失敗していますが、そんな感じになりそうです。
評判はよく素晴らしい作品なのは十分に理解出来ますが、でも、4時間という点がやはり疲れました。
★4

|

« K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝 | Main | ネイピア数eの累乗 »

Comments

I used to be able to find good advice from your blog posts.

Posted by: Harry | September 01, 2014 at 02:16 AM

Hello! Would you mind if I share your blog with my myspace group? There's a lot of folks that I think would really enjoy your content. Please let me know. Many thanks

Posted by: option binaire | September 14, 2014 at 09:06 AM

I am now not certain where you're getting your information, however good topic. I must spend some time finding out more or understanding more. Thanks for excellent information I used to be on the lookout for this information for my mission.

Posted by: option binaire | October 17, 2014 at 07:20 AM

What a information of un-ambiguity and preserveness of valuable familiarity regarding unexpected feelings.

Posted by: Xavier | November 04, 2014 at 11:40 AM

Hi there! This article could not be written much better! Looking at this post reminds me of mmy previous roommate! He constantly kept preaching about this. I most certainly will send ths article to him. Fairly certain he's going to have a good read. I appreciate you for sharing!

Posted by: Wilma | January 18, 2015 at 12:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/43899815

Listed below are links to weblogs that reference アラビアのロレンス:

« K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝 | Main | ネイピア数eの累乗 »