« いつか読書する日 | Main | 容疑者Xの献身 »

November 10, 2008

シッコ

『シッコ』 を劇場DVDで鑑賞。

あらすじ:
突撃取材で知られるマイケル・ムーア監督が、米国の医療問題にザックリとメスを入れた衝撃のドキュメンタリー。
アメリカは先進国の中では唯一、公的な国民皆保険制度を持たない国。国民の健康保険の大半は民間の保険会社に委ねられている。そのため、高い保険料などが障壁となって、実に約4700万人もの国民が無保険の状態にあるという。しかしムーア監督は、営利を追求する民間企業が運営する現在の健康保険の矛盾は、高い保険料を払って加入している大多数のアメリカ国民にこそ深刻な影響を与えていると主張する。本作はそんなアメリカの医療制度が抱える問題点を、他の諸外国との比較や、医療の現場で実際に起きている治療を巡るにわかには信じがたい笑うに笑えない悲惨な事例の数々、さらにはお得意の突撃レポートを通して白日の下にさらすとともに、そうした不条理な事態を引き起こすカラクリとこうした制度を裏で強固に支えている歪んだ構造にも鋭く切れ込んでいく。

アメリカの医療問題。保険に入れない人。入ってもいちゃもんつけられ保険が払われない実態。いかに保険を払わず利益をだすかが保険会社の使命であり、保険も”命”とは無縁の”商品”である事がよく分かる。一方で保険料や薬が無料だったり、タダ同然の”夢のような国”が紹介される。実はその影に税金を投入しており、それは消費税だったりするのだろう...とは容易に想像つくものの、積み立てておくか?その場でバーンと払うかの違いしかなく、今の日本はまんざら悪くないんじゃないか?と感じた。

ここで最大の問題は、どこまで税金で負担し、その税金はどの程度が妥当か?ということになるわけで、弱者からバンバン税金をとるのは正直辛いし寂しい。かと言って強者から取りすぎるというのも知恵がない。そうなると、税金以外の収入が必要になってくるわけだけれど、学の無い私にはここらが限界。一つ提案出来るとすれば、収入を増やすのではなく、支出を減らせばよいのではないだろうか?となる。国とか地方が使っている無駄を減らす。
接待費だったり、過剰な道路工事だったり。遊んでいる土地を売却するとか色々無駄はあるハズ。これだけやって足りませんから皆で出してくれませんか?と言われれば少しは問題と正面から向き合えるような気がする。

さて、忘れてはならないのはアメリカの医療ベレル。もちろん世界最高水準であることは疑う余地がない事実。金があれば最高レベルの医療が保証されている。命を金で買う国。それがアメリカの実態で、分かりやすくうったえられている。被害者の声よりも、加害者側ヘの突撃がもっと多いと面白さは倍増したかもしれない。日本がどういう舵取りをするのか注意すべきで、完全にアメリカと同じ方向を向いてしまう前にきちんと反対すべき事だけは収穫だった。
★3

|

« いつか読書する日 | Main | 容疑者Xの献身 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/43069413

Listed below are links to weblogs that reference シッコ:

« いつか読書する日 | Main | 容疑者Xの献身 »