« アメリカン・ギャングスター | Main | シッコ »

October 30, 2008

いつか読書する日

いつか読書する日』 をDVDで鑑賞。

あらすじ:
大場美奈子(田中裕子)は、牛乳配達とスーパーのレジで働く50歳の独身女性。夜はひとりベッドで大好きな小説を読んで過ごす。単調だが静かで穏やかな毎日。一方、高梨槐多(岸部一徳)は同じ町の市役所に勤める既婚男性。末期ガンの妻・容子(仁科亜季子)を自宅で看病する日々が続いていた。美奈子が配達する牛乳はそんな槐多の家にも届けられていた。実は美奈子と槐多は高校時代の初恋のふたり。しかし、あることが原因で疎遠になってしまった。それでも美奈子は槐多への想いを忘れることが出来ずにいた。そして槐多もまた、同じ想いを抱き続けていた。そんなある日、容子は牛乳を飲まない夫が配達を頼んでいる理由を知ってしまう...。

美奈子を中心に淡々と進む。階段の多い町で牛乳配達をし、彼女の刻む牛乳瓶の音だったり存在が、町の人達にリズムを与える。スーパーのレジ係も淡々とこなす。いったい何か楽しみなんだろう?と思った時、冒頭のシーンを思い出す。1人朝食を食べながら気になった新刊の広告を切り抜く。寝る前に布団の中で本を読む。これなんだなぁ。そうかと思うと、町中に牛乳を配達するのが夢だという。なんと小さな幸せと大きな夢なんだろうか。結婚をあきらめ牛乳配達と読書の日々。結婚は、あきらめたのではなく、我慢していたんだなぁきっと。その隙間は、牛乳を配達することによって無心になり、また時に友人と酒を飲んで忘れることが出来たのかもしれない。これじゃぁまるでサラリーマンじゃないか...。そういうことか?。そんな平凡過ぎる日常のスパイス的イベントとして、児童保護とボケ老人のエピソードが挿入される。これが本筋に微妙に絡んでおり、なかなかうまいなぁと思った。

田中裕子の演技と体力には何もいうところはない。こういう淡々としたなかからにじみ出てくる”普通”の味みたいなものはハマリ役だと思う。岸部一徳も見た感じからして違和感がないし、静と動の切り替えがうまい。脇を固める人達も隙がなくほとんど気にならなかったのは少し驚き。

とにかく坂が多い。ロングショットのシーンが度々でてくるが、町全体の起伏をうまく見せてくれており、それがそのまま大場美奈子や高梨槐多の内に秘めた人生とピタリあっている気がする。表面的に見える平凡さとはかけ離れたところに2人はいるんだと。だから「いままでしたかったこと全部して」に集約されてくるところがいきてくる。しかし、いよいよ1人になった時、本に戻るところが大人というか、少し悲しく感じた。例え表面的であったとしても...。
★4

|

« アメリカン・ギャングスター | Main | シッコ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/42951841

Listed below are links to weblogs that reference いつか読書する日:

« アメリカン・ギャングスター | Main | シッコ »