« マーサの幸せレシピ | Main | BABEL »

September 24, 2008

おくりびと

おくりびと』 を劇場で鑑賞。

Okuribito

あらすじ:
所属する東京のオーケストラが解散し職を失ったチェロ奏者の大悟(本木雅弘)は演奏家を続けることを諦め、妻の美香(広末涼子)を連れて故郷の山形に戻ってくる。早速、求人広告で見つけたNKエージェントに面接に出かけ、その場で採用になるが、それは遺体を棺に納める納棺師という仕事だった。戸惑いながらも社長の佐々木(山崎努)に指導を受け、新人納棺師として働き始める大悟だったが、美香には冠婚葬祭関係の仕事に就いたとしか告げられずにいた。

どこか無意識に避けていた。作品の中でも納棺師を忌み嫌うシーンを何度か見たが、自分も同じだった。”死”と向き合った経験が殆ど無く、それ故か、”恐ろしい”という感覚だった。なのに、何故この作品を見てみようと思ったのか?は、実の所よく分からない。世の評価が気になり見てみたくなった。少しだけ歳をとったせいで、自分でも分からない何かが変わってきたんだろうと思う。いや、たんなるミーハーか...。(*´д`*)

この作品は、思いやる心や、その動き一つ一つから”死”と正面から向き合ってみせて、あなたなら”死”と向き合った時どう思う?と問いかけてくれ、考える機会・時間を与えてくれる。見ていてそんな気がしました。おくり出すための準備。単に最後まで美しくという見た目だけではなく、家族達おくる側が心の準備をするためにも必要な時間。最後の愛情表現の時も見届け、その心ごとおくる。そんな職業を正面から見た時、”恐怖”から少し解放され、何かから救われた感覚でした。

そう感じたのも、大悟や佐々木をはじめとした俳優陣が良かったからだと思います。いかにもな感じの佐々木、戸惑いながらも納棺師に魅せられてゆく大悟。そして、笑ってはいけないのに笑えてしまうシーンが巧みに挿入された脚本があってのこと。事務員の上村百合子(余貴美子)や、火葬場で働く平田正吉(笹野高史)らの言葉もよかった。騒々しくはないけれど、しんみりし過ぎていない。そのバランス感が2時間という作品を濃密で一瞬のものにしたんだと思う。音楽もよかった。大悟の演奏シーンも素人からすると殆ど違和感を感じることもなく、作品に力を与えていたと思う。

こうやって書いてみても否のうちようがないんだけれど、満点では無い気がする。まだまだ”おくる側”として心の準備が足らないということだろうか?。ラストシーンで父親をおくるわけだけれど、必要だったような、少し強引だったような、納棺師の話が家族愛の話に変わってしまったような気がして、そこが気になったといえばなったかな?。
★4

|

« マーサの幸せレシピ | Main | BABEL »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/42582911

Listed below are links to weblogs that reference おくりびと:

« マーサの幸せレシピ | Main | BABEL »