« おくりびと | Main | 拒絶空港 »

September 26, 2008

BABEL

『BABEL』 をDVDで鑑賞。

あらすじ:
モロッコ。山羊飼いのアブドゥラ(ムスタファ・ラシディ)は知り合いから一挺のライフルを買い、それを山羊に近づくジャッカルを追い払うためとして息子の兄弟アフメッド(サイード・タルカーニ)とユセフ(ブブケ・アイト・エル・カイド)に与えた。すると、兄弟は遠くの標的めがけて遊び半分で射撃の腕を競い合い、ユセフが険しい山間部を走ってくる一台のバスに引き金を引く。そのバスには、一組のアメリカ人夫妻リチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)が乗り合わせていた。彼らは、生まれて間もない3人目の子供を亡くしたことがきっかけで壊れかけた絆を取り戻そうと、2人だけで旅行にやってきた。ところが、どこからか放たれた銃弾が運悪くスーザンの肩を直撃。リチャードは血まみれの妻を抱え、医者のいる村へと急ぐ。一方、夫妻がアメリカに残してきた幼い子供たちマイク(ネイサン・ギャンブル)とデビー(エル・ファニング)の面倒をみるメキシコ人の乳母アメリア(アドリアナ・バラーザ)。息子の結婚式に出るため帰郷する予定が、夫妻が戻らず途方に暮れる。やがて彼女は仕方なく、マイクとデビーも一緒に連れてメキシコへと向かうのだった。日本。妻が自殺して以来、父娘関係が冷えきっている東京の会社員ヤスジロー(役所広司)と女子高生になる聾唖の娘チエコ(菊地凛子)。またチエコは満たされない日々に孤独と絶望を募らせていた。そんな中、モロッコの事件で使用されたライフルの所有者として、ヤスジローの名前が浮かび上がる...。

私にとって苦痛な143分だった。バベルの意味をきちんと知らなかった事が最大の要因かもしれないが、そうだとして、【 言葉が通じないために人々は混乱の世界に生きる事となった 】 ことと、どのくらいリンクしているのか?。そもそも楽しめる作品なのか?世界言語があれば争いは起きないのか?。それは違うだろうと思う。

この作品では”銃”が登場し、全てのきっかけとなっている。言葉の違いは二次的な弊害として描かれる。言葉というキーワードを強調するためにチエコを登場させているものの、やはり話せないジレンマからくる絶望感ではなく、親子関係の溝から始まる自虐化にとどまっており、チエコを登場させている意味が分からない。日本をなめてるのか?とも思える描写に憤りすら感じる。全裸になる体当たりの演技は凄いと思うものの、本質からずれてしまっており、逆に悲しく感じてしまった。これならば、まだ「クラッシュ」の方がバベル的ではなかったか?と思う。

幾つかのストーリーが銃で繋がるわけだけれど、一つ一つの話が非常に浅く、特にきっかけとなったモロッコのエピソードが悲しいほど空振りしているため、いつになっても面白いと思えない。音楽や映像的な魅力も感じないし、俳優の演技的には菊池凛子が奮闘しているものの、悲しいかな満足するに至らない。
彼女の次回作に期待したい。
★1

|

« おくりびと | Main | 拒絶空港 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/42600988

Listed below are links to weblogs that reference BABEL:

« おくりびと | Main | 拒絶空港 »