« ザ・マジックアワー | Main | 舞妓Haaaan!!! »

July 31, 2008

クライマーズ・ハイ

クライマーズ・ハイ』 を劇場で鑑賞。

Climbershigh

あらすじ:
1985年8月12日。群馬、北関東新聞の記者・悠木和雅(堤真一)は、出世街道から外れ一匹狼として行動する遊軍記者。社内の登山サークル“登ろう会”の仲間で販売局所属の親友・安西(高嶋政宏)と共に、翌日谷川岳の衝立岩登頂に挑もうと準備を進めていた。そのさなか、乗員乗客524人を乗せた羽田発大阪行きの日航機123便が群馬と長野の県境に墜落した模様、との一報が入る。こうして悠木たちは、前代未聞の大事故をめぐる熾烈な報道合戦に身を投じていくのだった。さらに悠木は全権デスクを命じられ、社内外での駆け引きや軋轢に苦しみながらも使命を全うしようと奔走し続ける。だがそんな中、独り谷川岳へ向かったと思われた安西がクモ膜下出血で倒れたとの報せを受ける...。社会部県警キャップ佐山達哉(堺雅人)と地域報道班の神沢周作(滝藤賢一)が現地で壮絶な光景を目にするのだが、死ぬ思いで取材したにもかかわらず、その記事は朝刊に間に合わなかった...。

以前に原作を読んだ時のエントリーはこちら  にありますが、要約すると新聞とは?記者とは?という根本的な問いかけであったハズだと思っています。その生々しい描写が読み手の心をつかみ話さなかった。そして悠木が出した結論に共感できた。だから本作品にも同クオリティを期待するのは当然の事で、その期待は非常に大きいものでした。

率直に言って、どちらかと言えば期待は裏切られたと感じています。確かに、一つ一つの細かなプロットは押さえてある。朝刊が出来上がるまでの過程、1面を決めるための駆け引き、生ものと有効期限、新聞(地元紙)が果たす役割、本当の記者(記事)とはスクープなのか? 等です。しかし、これらの点が線になっていないように感じられ、ただ混乱したシーンを見せられどうなっているのか分かりにくい気がしました。原作はいいのに、見せ方を失敗しているのではないでしょうか?。悠木がクライムするシーンがたびたび挿入されます。過去にたぶらせて、その時の心情をクライムのシーンで補足・解説しているつもりなのかもしれませんが、はっきり言って不要です。ならば本編に労力を注ぐべきだった。また、社長のセクハラシーンも地方新聞社のワンマンぶりを演出したかったのかもしれませんが、緊迫感を阻害する効果しかなく、流れを断ち切る壁にしかなっていなかった気がします。
原作がよかっただけに残念です。

キャステイングにも不満が残ります。唯一、佐山を演じた堺雅人が記者魂を見せてくれますが、神沢は深みが無いし、何より悠木に魅力を感じない。一匹狼の雰囲気が感じられない。ここぞという時に声が大きいだけ。もう少し芯の感じられる役者を使った方が良かったと感じました。”ダブルチェック”と呟き決断をしましたが、何故そういう経緯になったのか?ただ先輩と同じ言葉を言ってみたかっただけ?非常に重要なシーンにもかかわらず表面的な言葉で片付けられてしまい消化不良でした。他は、社内のサラリーマン風土を象徴するための人々ですが、はっきりいってどうでもいいです。実際そうなのかもしれませんが、くどすぎましたね。サラリーマン社会を描いた映画なんでしょうか?違いますよね?。人がゴチャゴチャしすぎているため、日航機墜落というキーワードがぼやけてしまった気がします。

映像的に見るべき点がほんの数ヶ所。音楽は殆ど印象に残っていません。
どうにも残念です。
★3

|

« ザ・マジックアワー | Main | 舞妓Haaaan!!! »

Comments

There is certainly a lot to know about this topic. I really like all the points you made.

Posted by: [where to buy garcinia cambogia] | August 31, 2014 at 07:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/42020450

Listed below are links to weblogs that reference クライマーズ・ハイ:

« ザ・マジックアワー | Main | 舞妓Haaaan!!! »