« April 2008 | Main | June 2008 »

May 29, 2008

スーパーの女

『スーパーの女』 をDVDで鑑賞。

あらすじ:
スーパー“正直屋”の専務・小林五郎は、商品も売れず、店員も覇気がなく困り果てていた。ある日、五郎はライバル店へ調査に出向いたところ、偶然幼馴染みの井上花子と再会する。五郎はスーパー好きである花子の鋭い視点を買って、花子を正直屋で雇う。花子は早速問題の解決に取りかかるが、プライドだけは高い職人たちの協力を得られず苦労する。それでもめげない花子は的確な改善策を提案し成果を上げ始めるのだが...。

今ならまさに舟場吉兆。偶然ですけどタイムリーな作品を既に8年前に送り出していた伊丹十三監督。なんとなく見逃していたのを思いだしレンタルしてきました。

激安の裏には理由がある。そんな舞台裏と、商売が下手なくせに職人意識が強く激安店と勝負出来ない”正直屋”。”正直屋”と言う店名のわりに”嘘だらけ”の現状...。正義は悪に勝つというシンプルな展開に加え、激安の実態と、スーパーの舞台裏を”ばーん”と見せる事で見ている者の心をつかみますね。それは正に自分に当てはまる可能性があって、いつも行くスーパーはどうなんだろ?と思ってしまうわけで、そこが狙い目だからドンピシャなんだなぁ。巧い。

もう一つはリズム感の良さですね。分かりやすいテーマを飽きさせる事なくどんどん展開させてゆく。その上にキャラが乗っかって踊りでも見ているかのようです。こうなって欲しい!という観る側の欲求を満たしジェットコースターのように突き進む。いいんじゃないでしょうか。

キャスティングはまぁまぁでしょうか?特別不満はありませんが、分かりやすいキャラってのは時に展開が先に見えてしまう危険もあり、三宅裕司氏がこっちにつくのは目に見えたし、六平直政氏が暴走するのも何となくね...。(^^;

さて、これは理想のスーパーなわけで、実際には安売り大魔王と同じ部分って多少なりあるのかなぁ?と思ってしまいます。勿論、スーパーに限定せずです。カップラーメンを作っている友人は自社の製品を買わないと言っていましたし、これまでも定期的に食品の衛生問題は新聞を賑わせています。所詮は利益追求。客の笑顔の前に儲けありなんですよね...。この作品のパワーを持ってして8年経過しても変わらない現状。
消費者が賢くなるしかないんですかねぇ...。(つд`)
★4

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 28, 2008

アフタースクール

アフタースクール』 を劇場で鑑賞。

Afterschool

あらすじ:
母校の中学で教員として働く神野(大泉洋)と、サラリーマンの木村(堺雅人)は中学の同級生。夏休みの彼は新車のポルシェで木村宅を訪れ、出産近い木村の妻(常盤貴子)を世話するのだった。そんな時、いよいよ産気づいたのだが木村がつかまらない。神野は木村の妻を病院へ連れてゆき無事出産。木村はついに現れず連絡すらとれなかった。落ち着いた神野は、部活のため出勤。直後、木村の同級生を名乗る探偵(佐々木蔵之介)が尋ねてくる。大至急探し出したいと強引に学校から連れられた神野は、木村が緑の服を着た女性と写っている写真を見てしぶしぶ協力する事になるのだが...。

ネタバレしてますので注意して下さい。(これまでも基本的にネタバレしてますが)

サラリーマン夫婦に、旦那の親友が世話役で登場し、旦那が会社から追われ、旦那と一緒の写真にあった女性は暴力団に追われている。旦那は妻が出産するってのに何処へ?浮気?。そんな事で会社が探偵雇って探す?。会社トップが暴力団とか悪徳政治家と関係?。きな臭い中で神野と探偵の捜索劇が展開されるのだが、まもなく追い詰めた!という時にどんでん返しが始まる。

あ...あれ?。夫婦...あれ?。ラブレター...あれ?。木村の子供...あれ?。
最初の違和感は何処からだったか?。あれよあれよと言う間にどんどん物語の見えなかった部分が暴かれてゆく。「運命じゃない人」とは違い、時間差とかは無く、見せなかった一つ先を見せる事で”実は!”が分かる。根底からひっくり返るのだからついてゆくのが大変。エンドクレジットの最中は勿論、帰宅途中も同伴者とネタの確認をしながら、家につく頃になってようやく一段落した感じ。父親の”しっかりして貰わんと困る”意味や、ポルシェの中の指輪。確かに1度見てネタが分かってしまうとつまらないかもしれない。でも、私はDVDが発売されたら買うんだろうなぁと思う。(´ー`)┌

キャストはなかなかよかった。一見勢いだけの神野に大泉洋はピッタリだったし、闇の世界に生きる探偵を演じた佐々木蔵之介も、いかにもな感じでチンピラ役がはまっていた。物語の中心人物となる木村も、堺雅人の不敵な笑いが後になってすっごく納得で面白かった。ストーリー、キャストともによかったんじゃないだろうか?。とにかく楽しめた。

音楽はエンディングまで耳に入らなかったが、まぁ悪く無かった気がする。(^^;
どこかTVドラマ的な感覚が残るのは何故だろう?。唯一の不満と言えばそんな所だけれど、まぁ楽しめたから良しとしよう。どうでもいいけど、羊脳印度カレーに何か隠されたメッセージがあるのか?って前半気になっていたけど、なんでも無かった。(;´д`)
★5 (チョット甘い?)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ノーカントリー

ノーカントリー 』 を劇場で鑑賞。

Nocountry

あらすじ:
人里離れたテキサスの荒野でハンティング中に、銃撃戦が行われたと思しき麻薬取引現場に出くわしたベトナム帰還兵ウェルリン・モス(ジョシュ・ブローリン)。複数の死体が横たわる現場の近くで、200万ドルの大金を発見した彼は、危険と知りつつ持ち帰ってしまう。その後、魔が差したのか不用意な行動を取ってしまったばかりに、冷血非情な殺人者アントン・シガー(ハビエル・バルデム)に追われる身となってしまう。モスは、愛する若い妻カーラ・ジーンを守るため、死力を尽くしてシガーの追跡を躱していく。一方、老保安官エド・トム・ベル(トミー・リー・ジョーンズ)もまた、モスが最悪の事件に巻き込まれたことを知り彼の行方を追い始めるが、モスを保護できないまま、死体ばかりが増えていく事態に直面し、苦悩と悲嘆を深めていく...。

難しい作品でした。観賞後、時間が経過しストーリーが再消化されてゆくにつれて分かってくることがあるような気がして...。力不足感を感じた作品です。

物語はベル保安官が犯罪の変化について愚痴をこぼす所から始まり、犯罪者と対峙した後、引退の決断に至る所が骨格となっていますが、一見するとモスを追う殺人者シガーの物語に見えて、この変な感覚にエンドクレジットを見た瞬間戸惑いました。これが少し時間をおいて考えると”あぁ...そういう事?でいいの?”みたいな。

もはや人格を放棄したシガーの犯罪を強烈に見せる事によって、(サイコ)サスペンスに仕立てているのがミソで、だからこそベルが引退を決意する訳ですが、最も重要なメッセージがあまりにも突然に、しかも一瞬にして現れ消えるため見逃してしまいそうです。とりあえず無駄なシーンが無いのは良く分かりました。当然ですね。(´ー`)┌ そういう意味ではまだまだ”何か”あるかもしれないなぁと思っています。

さて、本作品の骨格は、原題の通り、居場所を失った老人が変わり果てたアメリカを嘆くわけで、幾つかのエピソードから構成されているようです。
1つ目は既に書いたベルの話。全てが金に左右される社会に変わり果てた国の変化に嘆き、変わらない自分を父親は待っていてくれる。決して1人では無いんだと。元には戻らないかもしれないけど、皆で共有する事は出来る。ただ悲観し引退するだけではない、何が出来るのか?という事。
2つ目はシガーの話。人格を放棄し、時にコインで殺人を行う所は戦争を連想します。ベトナム戦争が関係しているのだと思いますが、殺すために必要なだけ動き、自らを武器として捉え考えず殺す。この戦争と同等の行為がどれだけ恐ろしいか?。ロボット化した人間を生み出した社会に対し、どう向き合っていくのか?という事。
重いなぁと思いつつ、まぁ日本も楽観視出来ないよね...って感じでしょうか。きっと似た思いで歳をとるんだろうけれど、その時に向き合えるか?がまず大事ですね。

本作は、とにかくサスペンス部分のインパクトが強烈でした。つまり、ハビエル・バルデムがどれだけ素晴らしいかを再認識したわけですね。とても「海を飛ぶ夢」と同一人物とは思えません。あれだけ愛を語り、優しい表情で死んでいった彼が、感情の無い殺し屋。この全く別な人格を見事に演じていて、怖いんですけど目が離せない。凄かったですね。そして、最初と最後を締めたトミー・リー・ジョーンズも安定していたと思います。「メルキアデス・エストラーダの3回の埋葬」と近い匂いも感じましたが、とにかく本人も好きな役だったりするのでしょうか?。「英雄の条件」も好きですが、安心して見ていられます。

今回、音楽がありませんでした。話題の一つでしたが、これはちょっと不満です。全編において音楽が必要とは思いませんが、やはり映像と音楽の相乗効果ってあると思うんです。【映画】なんですから、ちゃんと音が欲しかったですね。脳科学的にも有効だと思いますし。
★4

| | Comments (1) | TrackBack (1)

May 24, 2008

オーシャンズ13

オーシャンズ13』 をDVDで鑑賞。

あらすじ:
“オーシャンズ”の古参メンバー、ルーベンは、これまで所有する全てのホテルで最高格付けの“5つダイヤ賞”を獲得してきた業界屈指のホテル王ウィリー・バンクと組み、ラスベガスに建つ巨大ホテルの共同経営を約束していた。しかし、突然バンクに裏切られたショックで心筋梗塞に倒れ、危篤状態になってしまう。その報せを受け彼のもとに集まったオーシャンたちはバンクに復讐を誓い、因縁の宿敵ベネディクトまでも味方に引き入れる。彼らの戦略は、この一件の発端となった超高級ホテル“バンク”のグランド・オープンに合わせ、ホテルの最新セキュリティと評判をズタズタにし、バンクを完全に破綻させること。そしていよいよオープン当日、オーシャンズの壮大なプロジェクトが始まる...。

オーシャンズ11は大好きでした。オーシャンズ12がガッカリし、13に期待していたんですが、見事に裏切られ悲しいです。┐('~`;)┌

とにかく、オーシャンズ11の魅力は、全員一丸となって、それぞれの能力を持ち寄りギリギリの所を突破してゆく醍醐味。これに尽きると思うんです。色恋沙汰すら利用する。しかしですね。12からその醍醐味を失ってしまったんですね。別に13人必要無いじゃん!!!ってのが正直な所で、半分いれば十分でしょ?。人数ばかり多いものだから収集ついていないんですよね。しかも有名処を集めているものだから更に始末が悪い...。皆中途半端になってしまって、ピンなら素晴らしい演技をする役者が勢揃いしているのに、時間もなく魅力を出す前に作品の強引な勢いに押し流され記憶に残らない...。

今でも11は誰の得意分野は何で、どういう役割でってすぐ思い出せますけど、もはや無理。ってか出ただけって人もいるよねって感じ。いっその事、5人位しか集まらなかった事にして奮闘する方が面白い。タイトルに縛られ破綻する作品ってのも珍しいなぁと思います。

前述した通り、役者は凄いです。好きな役者さんだけで、「ジョージ・クルーニー」「マット・デイモン」「ドン・チードル」「アル・パチーノ」「カール・ライナー」「エディ・ジェイミソン」と盛りだくさん。なのに誰一人として印象に残っていない。豪華なだけですね。

映像的な面白さや、音楽面印象薄いです。12での失敗から何を魔なんで13を作ったんでしょうねぇ。スティーヴン・ソダーバーグは結構好きな監督さんですが、残念です。流石に14は無いでしょうから、他の作品に期待します。
★1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

パイレーツ・オブ・カリビアン / ワールド・エンド

パイレーツ・オブ・カリビアン / ワールド・エンド』 をDVDで鑑賞。

あらすじ:
デイヴィ・ジョーンズの心臓を手中に収め強大な支配力を得た東インド会社のベケット卿は、世界制覇を目論み次々と海賊たちを撃破、ついに海賊の時代は終焉を迎えようとしていた。そこで海賊たちは、最後の望みである“伝説の海賊”9人を招集し、世界中の海賊たちによる全面対決に挑むことに。しかし、その9人のうちのひとりが生死不明のジャック・スパロウだと判明。やがて、ウィルやエリザベスたちは、溺死した船乗りが囚われているという“デイヴィ・ジョーンズ・ロッカー”にジャックがいると確信し、救出に向かうのだが...。

ハッキリ言って何も得るものは無くガッカリでした。勿論、連作物ですからやむなしなんですが、1,2作目をちゃんと覚えていないと「あんた誰?」浦島太郎状態です。人はそれなりに出てきて、見方なんだか敵なんだか。死んだんだ生き返ったんだか...。友人なんだか恋人なんだか親なんだか...。とにかくそのへんを思い出しながら見るのが大変で、中身が無いのに複雑っぽくしていて時間だけ長いものだから、自然と防衛本能が働き1度寝てしまいました。( ̄Д ̄;)

そういう訳で、決して誉められたストーリーになっているとは思いません。客に突っかかってくるような感じがして、制作者の自己満足感がプンプンしています。誰の映画なの?ジャック・スパローが主役なんでしょ?ジョニー・デップなんじゃないの?オーランド・ブルームとか出しちゃってバランス取ろうとするから収集つかないんですよきっと。

しかも戦闘中のプロポーズ。最悪です。邦画にも沈没する船舶の中で告白した海難レスキュー隊員がいましたが、同じ違和感を感じました。どうもジェットコースタームービーな感じはディズニーのアトラクション展開を見越しているようで嫌ですね。他の配給会社だったらもう少しマシだったかな?と残念です。
★2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2008

天国の青い蝶

天国の青い蝶』 をDVDで鑑賞。

あらすじ:
末期の脳腫瘍に冒され、余命数ヶ月と宣告された10歳の少年ピート。彼はこの世を去る前に、どうしても叶えたい夢があった。それは、このカナダではなく中南米の熱帯雨林にしか生息しない世界で最も美しいといわれる神秘の青い蝶“ブルーモルフォ”に直接見て触れることだった。その願いを知った母親のテレサは、さっそくピートを連れ、彼の尊敬する世界的な昆虫学者アラン・オズボーンへ直談判に行く。最初は“車椅子の少年をジャングルへなど連れて行けない”ときっぱり断るアランだったが、ピートの強い信念と熱意に負け、ついには南米行きを決意するのだった。

実は実話が元になっていると知り本当に驚いています。病気の種類こそ違うが、奇跡って本当にあるんだ!って。
正直、終わった直後は、余命幾ら...ってカウントダウンされていたのに、いくら何でも蝶に会えたから治っちゃって嘘っぽいよねって思っていました。もっとピュアな心で見なければならない作品だったと後で(今)知りちょっと後悔しています、しかし今からでも脳内で鑑賞可能なほど記憶に焼き付いている不思議な作品です。

さて、病魔に冒されたピートはまだ10才。彼の夢は大好きな青い蝶“ブルーモルフォ”を見たいという。母は息子の夢を叶えようと懸命に昆虫博士オズボーンに取り次ぐが、子供嫌いのオズボーンに門前払い。しかしピートの情熱に負けて熱帯雨林へ。そんな、よく言えば贅肉のないストーリーで、悪く言えば単調。まもなく“ブルーモルフォ”も見れなくなる...って時期に行く設定もちょっと都合良すぎた気もするけれど、そんな下手な映画チックな脚本は置いておいて楽しめばいいんだ!と思いました。(今になってだけど...苦笑)

何が素晴らしいか?奇跡?映像美?演技?。う~ん。どれも甲乙つけがたい。奇跡はあったわけだし、現地の人々を含め、”ブルーモルフォ”とその森は本当に艶々していて美しかった。
ピートを演じたマーク・ドネイトは病魔と戦いながら、決して絶望せず、むしろ大人達の間を取り持つ気丈さというか、牧歌的な性格というか、恐らくはその両方を見事に演じていたし、オズボーン博士を演じたウィリアム・ハートも子供嫌いから徐々に変わってゆく。一度は捨てた人として生きる事を思い出してゆく過程がはっきり残る。
その他、母親の愛情であったり、現地の人たちの疑わない心であったり、そういった様々な要因で奇跡が起こったのだと思いたい。

前述したが、映像は本当に艶々しているし、晴天だけではなく、土砂降りの厳しい自然もちゃんと見せてくれる。そんな細かい?ところまで何故か心に残るっているのは、やはり総合力なのかな?って思う。勿論、ピートの直向きさが全ての土台にあるのは間違いないわけだけれど。
★4

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 21, 2008

スパイダーマン2

『スパイダーマン2』 をTVで鑑賞。

あらすじ:
あのグリーン・ゴブリンとの死闘から2年、ピーターは新聞社へ写真を売り込みながら大学生活を送る一方、スパイダーマンとしてニューヨークの街を守っていた。しかし、愛するメリー・ジェーンは念願の舞台女優になったことで少しずつ距離ができ、親友のハリーは亡き父の会社の跡を継ぎつつ仇を取るためスパイダーマンへの復讐に燃えていた。複雑な人間関係に悩みが増すばかりのピーター。そんな時、ハリーの会社のもとで研究を続けていたDr.オクタビアスが実験中の事故で怪人ドック・オクとなってしまい、4本の金属製人工アームを自在に操り暴れ回りながらスパイダーマンの前に立ちはだかるのだった...。

ヒーローが挫折し、しかし復活して全てうまくいく。それはトップガンを見た時から脈々と自分の中にある”有”の展開であるハズだけれど、何故かそれほど楽しめなかった。ストーリーは分かりやすい。さすがアメコミを映画化しただけはあると思う。そうするとキャラ、特にスパイダーマンの容姿が駄目なのかもしれない。それを言ったら見る意味が無い。その通りだと思う...。(^^;

CGを多様した違和感も気になった点で、視点の変化は映像的に迫力を増すものの、何処に向かっているのか分かりにくい。適当に迫力でごまかされている感じが強く、水平移動なのか垂直なのか分からなくなるくらいだった。(勿論、分かるけど) 但し、CGのクオリティはさすがに素晴らしく、電車の暴走を停めるシーンや、ドック・オクの人工知能アームなど見るべき所はちゃんとある。っていうか、それしかないのか?。一番驚いたのは、度々糸が出なくなるシーン。これって能力低下でしょ?。なのにビルの屋上もある高さから落下し大丈夫なのか!!!。スパイダーのモードじゃないんでしょ?って思った。その辺の雑さがいまいちねぇ。

人気があるので見てみたけれど、やっぱりアメコミ系はキャラが凄すぎて駄目なのかもしれない。バット・マンも食わず嫌いだしね。って事で、殆ど冒頭から期待薄な感じで見てしまい、やっぱり楽しめなかったなぁ...で終わってしまった。TVで良かった。ほんと、VFXを楽しむ作品ですね。
★2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2008

ボーン・アルティメイタム

ボーン・アルティメイタム』 をDVDで鑑賞。

あらすじ:
元諜報部員ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)は、新聞で”トレッドストーン”計画のアップグレードである”ブラックブライアー”計画を知る。この記事を書いたイギリスの記者ロスと接触するのだが、暗殺者に狙われ詳しい情報を聞き出す前に狙撃されてしまった。CIAの追撃をかわしつつ”ブラックブライアー”計画を探るボーンが最後に辿りついた場所は?。ついに全てが明らかになり、自分を生み出した場所へ辿り着いた時、ボーンは?。

ボーンシリーズも3作目となりますが、これだけクオリティを維持(むしろパワーアップ)している連作物は珍しいかな?というのが最初の感想です。これまでも自分は何者?という中でCIAからの追っ手と争ってきたわけですが、今回も世界をまたにかけ、単なる体力勝負ではない、頭脳戦を絡めた見応えのある仕上がりとなっていました。最近よく見る超ど派手なカーアクションを封印し、あくまで現実に近く、しかし無敵モードっぽいところが大好きです。また、CIAも会社なんだと。そういう描写もなかなか面白さを増していたように思います。だって、宿敵だと思っていたCIA担当と...まさかねぇ。他の作品ではCIAって白黒はっきりしている事が殆どでしたから新鮮でした。ストーリーは申し分ありません。最初から最後まで飽きさせず、前作までを知らなくてもそこそこ楽しめるように作られているし、知っていれば尚面白い。いいんじゃないでしょうか?。

マット・デイモンは勿論の事、他のキャスティングもいいですね。味方であれ敵であれキーとなる人がしっかりしています。この作品は敵がCIAですから、インテリ要素もあり、殺し屋とのアクションもあり、それぞれのキャラクターが重要です。馬鹿っぽい指揮官では駄目だし、ひ弱で温厚そうな殺し屋も駄目。そういう当たり前の部分がしっかりしていて安心出来ました。今知りましたが、監督ポール・グリーングラスは「ユナイテッド93」を作った方だったんですね。納得です。この監督とは相性いいかも。

また、ボーンと一緒に世界旅行出来るのも楽しみ方ですよね。今回も数ヶ国で撮影されたようで、映画の雰囲気も変わるし、視覚的な面白さもあり好印象です。恐らく曲も国にあわせて換えていたんだと思います。私は気がつきませんでしたが、きっと作品の質が上がるような感じだったんだろうなぁ。とか考えると見直したくなりますね。すぐ見ても楽しめそうです。
★5

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 12, 2008

西蔵王の大山桜

桜のシメは西蔵王放牧場にある大山桜です。(5月6日)

駐車場近くの1本は満開っぽいです。
Ooyamasakura1


期待して登って見たら...葉桜でした...。
2日前は満開だったそうです。残念。
Ooyamasakura2

今年はこれで見納めです。あちこち見てまわりました。桜はいいもんですよね。
来年は福島県の花見山と三春の滝桜にチャレンジしようと思っています。気が早いかな?。(*´д`*)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

あしかがフラワーパーク

栃木県足利市のあしかがフラワーパークです。(5月4日)

GW中の晴天という事もあり、現地付近に9:00頃到着しましたが、国道50号線との合流地点で渋滞。30分ほどしてやっと到着しました。駐車場もかなり広範囲に準備されていましたが、一番遠い所は半端じゃなく遠いです。少し我慢してでもフラワーパーク付近まで粘って駐車場を探した方が良いと感じました。ちなみに私は入り口から徒歩3分ほどの場所に駐車できました。(昼前は来場する人がバンバン入れ替わるみたいで、以外と空きがあります)

さて、今の時期は”藤”です。
白い”藤”はトンネル状に、数本ある紫の”藤”は1本の藤棚が100畳位あるそれは見事なものでした。
Ashikaga20081

白い藤は丁度満開で、50m以上のトンネル内は満員電車のようでした。(Λ。Λ)
立ち止まることはできません。ゆっくり見るためには開園と同時に入園しないと駄目なのかな?。
Ashikaga20082

紫の藤はとにかく1本が凄まじい大きさです。
これだけ大きいのに生き生きしていてシャッターを押すのを忘れます。時期的には1週間ほど遅いのかもしれませんが、それでも相当に綺麗です。(Λ。Λ)
Ashikaga20083

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2008

注連寺、玉川寺、蝦夷館公園

本日晴れ。(4/30 am9:00)
せっかくの天気なのに家にこもっていてはもったいないと、急遽庄内方面ヘ出発。
駄目もとで数ヶ所見て周りつつ、平田牧場の三元豚を「とん七」で食べるという保険?をかけつつ出発。
※出発前に給油。暫定税率復活...とかで既に順番待ち。


まずは注連寺の七五三掛桜(しめかけざくら)ですが、やまがた観光情報サイトの7分咲き情報はいつの?既に8分散りって感じで、滞在時間3分でした。┐('~`;)┌
2008


平牧三元豚の特厚ロースかつ膳(1,800円)と、特棒ヒレかつ膳(2,000円)を頂き、本日のメイン? (Λ。Λ) を堪能した所で、玉川寺に向かいました。

Yahoo桜情報の満開情報を当てに向かったわけですが、コチラもソメイヨシノやシダレは落桜。ヤマザクラが満開でしたが、満足度は10%って所でしょうか。庭園は綺麗に手入れされそれなりに楽しめますが、やっぱり残念です。閲覧は有料(300円/人)ですしね。
2008_2

平牧三元豚が美味かったから良しにするかぁ。とかいいつつ家路についた途端、満開の八重桜が目にとまり緊急停止。蝦夷館公園という場所でした。コチラはなかなか。車を降りると桜の香りがハッキリ分かります。弘前でもなかった体験です。
2008_3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2008 | Main | June 2008 »