« March 2008 | Main | May 2008 »

April 29, 2008

角館

弘前の帰り。角館の武家屋敷に立ち寄りました。(4月26日 am11:00 )
3年連続の敗北です。(>。<)

武家屋敷通りのシダレ桜はあきらめていたものの、まさか桧木内川河川敷の桜までもが葉桜とは...。正直ガッカリです。ココまで調子よかったのに...。


武家屋敷通りです。ピンクなどこれっぽっちも見えません。
Kakunodate20081

桧木内川河川敷の桜もまったく見えません。
Kakunodate20082

これまでは角館をメインに桜を見に来ませんでした。弘前の帰りに!って感じ。
これに反省し、角館をメインにリベンジしたいと思います。来年行けるかなぁ?。


余談ですが、山形県の西蔵王近く。大山桜は今日(4月29日)現在で開花しておりません。┐('~`;)┌
水芭蕉を見に行ったついでに覗いて見ましたが、一番下の1本だけ開花しており、他は5月初の開花予想だそうで、確かに凄く寒かったです。恐るべし蔵王。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

弘前公園

昨年は忙しくて行けなかった弘前に行ってきました。(4月24日 pm8:00 ~ 4月25日 am11:30 )
2006年の時と同じく、初日の夜桜は小雨。翌日は朝から晴れとなりました。

今年の開花はだいぶ早く、2年前はソメイヨシノのピークが5月5日頃でしたが、今回のソメイヨシノは目の前でどんどん散っていました。変わりにヤエベニシダレがピークで、また別な弘前の桜を楽しめました。(本当に桜って難しいですね)


杉の大橋 から見た桜です。
Hirosaki2008day11


南口から天守を見たところです。
Hirosaki2008day12


春陽橋から見た西濠です。
Hirosaki2008day13


西のトンネルです。
この頃には雨も止みライトアップされた桜が本当に綺麗でした。
Hirosaki2008day14


裁判所から追手門を見たところで、堀一面に散った桜の絨毯です。散ってしまったのは残念ですが、むしろこの桜を見れたのはラッキーだったかもしれません。
Hirosaki2008day21


南口から天守を見たところです。
Hirosaki2008day22


天守から下乗橋を見たところです。
Hirosaki2008day23

本丸のシダレ桜です。満開です。
Hirosaki2008day24

東屋付近から内濠と天守を見たところです。
Hirosaki2008day25


春陽橋から見た西濠です。
Hirosaki2008day26

西のトンネルです。
Hirosaki2008day27

30分ボートを借りて西濠を満喫しました。
Hirosaki2008day29


中央高校口から東門を見たところです。
弘前公園の東南は5~7分散りの状態ですが、本当にピンクで綺麗です。
Hirosaki2008day28


ソメイヨシノのタイミングは少し遅かったですが、西濠がほぼ満開で、本丸のシダレが満開。堀一面の桜と見処満載でした。一昨年と今年を合体すると完璧かも?。今回は秋田のGAO経由でノンビリ移動してきましたが、それでも弘前は遠いです。でも来てよかった。やっぱり弘前の桜は最高です。


<他>
宿は 「ホテルニューキャッスル」 にお世話になりました。
弘前公園まで徒歩5分という好位置にあり、価格も5,250円/人(食事無)とまずまずです。
※食事は目の前にコンビニがあったりするのでなんとかなると思います。
■ホテルニューキャッスル
青森県弘前市上鞘師町24-1 (TEL) 0172-36-1211

弘前といえば 【 A to Z 】 なんです。(Λ。Λ)
もちろん、吉井煉瓦倉庫に作られたメモリアルドッグも見てきました。
Hirosaki2008day210
非常に綺麗で、 【 A to Z 】 を思い出します。
三脚持ってあっちこっちから写真取りまくってきました。


あと、ホテルで買った「ガイドひろさき」を見て『西洋茶寮 salon de 甚兵衛』に行きました。
ビックリ!木村秋則さんが作ったリンゴを使った 【リンゴの冷製スープ】 があるじゃないですか!。もちろん注文しました。芳醇な甘みとほんのり酸味があり、クリーミーな舌触り。美味かったです。
Hirosaki2008day211
そば粉のクレープ (スモークサーモン、生ハムとチーズ)も美味かったです。オススメ。
Hirosaki2008day212
駐車場が無いので、徒歩1分の有料駐車場(200円/h)を利用しました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 20, 2008

北上展勝地

今日は北上展勝地に行って来ました。雲一つない快晴!とは行きませんでしたが、前日までの悪天候は何とか通りすぎたようで一安心です。

2006年は小雨で、しかも弘前ヘ向かう途中に立ち寄ったため、駐車場から50m位しか見ていませんでした。
今回はメインですのでじっくり見るつもりです。

駐車場での渋滞を嫌って、北上駅の近くから対岸の展勝地ヘ向かう舟渡りを利用しました。到着時刻は10:00ですので、舟渡りの開始時間直後。回転待ちって感じです。
待ち時間は20分位。大人300円/人で、ライフジャケットを着ての乗船です。(^^;
※ちなみに、駅前の有料駐車場を利用し、10:00~13:45の利用で400円。まぁまぁです。

こんな舟に40~50人位乗れます。
3

天気にも恵まれ、桜も満開。風も少し落ち着いたようです。桜の「もこもこ」感が分かるでしょうか?。いい感じです。
4

枝垂れ桜を背景にアップしてみました。満開加減が伝わりますか?。
綺麗ですよ。
1

北上展勝地と言えば?馬車でしょう。今回も数回見る事になりました。
2

1Km以上の桜トンネルを歩き、橋に到着。橋の上からはこんなふうに見えます。
川が左にカーブしているため、手前しか見えませんが、桜の下を歩く人も見え、これはこれでいいかもしれないとか思っちゃいました。
5

今回は福島県の花見山に行くか?岩手県の北上展勝地にするか?ギリギリまで悩み北上展勝地にしましたが大正解だったと思います。満開で時折吹く風で舞う桜。いいですねぇ。屋台の待ち時間がもう少し短ければ文句なしなんですけどね。(^^;

| | Comments (6) | TrackBack (0)

April 17, 2008

霞城公園

今年も霞城公園の夜桜を見てきました。2008年4月16日 pm8:00頃。
コチラは8分咲きかなぁって感じで、土手を歩きましたが、人だけ多くて桜はもうちょっとでしたね。
本当に桜はタイミングが難しいです。

土手の東門付近です。
Kajou20081

東門からお堀の桜を見た定番ショットです。
Kajou20082

弓道場付近の桜はだいぶ「もこもこ感」がありました。
もう数日でお堀も「もこもこ」になりそうですが、週末は天気が↓。
今年はタイミング合わなそうです。残念。
Kajou20083

2006年の方が綺麗でしたね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

船岡城址公園

今年最初の桜は福島県の船岡城址公園で、2008年4月13日に行って来ました。
朝8時30分に現地到着しましたが、あいにくの曇り。そのわりに駐車場はギリギリでした。

スロープカー乗り場付近は8分咲きといったところでしょうか。
Funaoka20081

山頂までノンビリ歩いて15分ほどです。
綺麗ですが、あと2~3日後(火~水曜) が満開だったかもしれないですね。
Funaoka20083

山頂から見える景色は満開に見えますが、曇りなのが残念。
寒かったです。
店員さんの話では12日(土曜)の方が天気も人も凄かったんだとか。
一番早い人は6時にいたそうです。(それを何故知ってる?とは突っ込みませんでした)
Funaoka20082

第一駐車場は満開です。
Funaoka20084

今回は天気に恵まれず、時期もドンピシャでは無かったので、2006年に比べると見劣りしましたが、去年は鳥により全滅した事を考えれば、よくぞココまで対策され、ほぼ満足して帰れるというのはラッキーだったかな?って思いますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

潜水服は蝶の夢を見る

潜水服は蝶の夢を見る』 を劇場で鑑賞。

Photo


あらすじ:
雑誌ELLEの編集長ジャン=ドミニク・ボビー(マチュー・アマルリック)は脳梗塞で倒れ、一命は取り留めたが“ロックト・イン・シンドローム(閉じ込め症候群)”という状態で、意識は正常なものの体が動かない。唯一左目が動くのみで、話しも出来ないという、重い潜水服をきているような状態だった。そんな彼に、理学療法士マリー・ロペス(オラツ・ロペス・ヘルメンディア)と言語聴覚士アンリエット・デュラン(マリ=ジョゼ・クローズ)が担当となりリハビリが始まる。話す事が出来ないボビーは、デュランが考えた「単語を瞬きで合図」する方法を受け入れ会話を始める。
絶望の底にあったボビーだったが、以前に契約していた出版の話を思いだし、編集者のクロード(アンヌ・コンシニ)がボビーに付き切りで一字づつ聞き取り本を仕上げてゆく。本を書いている時の彼は蝶のように自由で、過去や想像の世界を飛び回り潜水服から解放される時となった。そんなボビーを家族を含め周囲は温かく見守ってゆく。懸命なリハビリの効果が少しづつ現れ希望を持つボビーだったが、しかし現実は優しくなかった...。

細かいエピソード等については監督の解釈により実際と違っていたのかもしれませんが、基本的に自伝を元にした話であり、どうもこうも言う余地はありません。

さて、まず注目しなければならないのはボビー視点で始まること。個人的に新鮮でした。彼が見ている者(物)や視線の動き、ボビーが考えている事が独り言のようにそっと聞こえる。私達がボビーになったかと錯覚するような演出が素晴らしいです。

そして車椅子に乗り部屋を出たとき始めて鏡に映った自分を見るボビーの落胆。そこからボビー視線に加え通常の固定カメラも加わるわけですが、マチュー・アマルリックが演じるボビーの凄さを肌で感じる事になりました。

自分だったら...と考えると気が変になりそうです。思考は正常だけれど、それ以外はすべて異常。肉体的に何も感じない世界というのは想像以上に厳しいものだと思います。そんな中で本を書こうと気持ちを切り替えられたボビーは凄いし、そんな彼を見事に演じていました。本当に凄い。他のキャストもそれぞれいい。元妻のセリーヌ・デスムーラン(エマニュエル・セニエ)や父親(マックス・フォン・シドー)も申し分なし。勿論、クロード(アンヌ・コンシニ)も良かった。

この作品を見て、追い詰められた時に私はどうするのか?。どう考え行動する事が自分自身や周囲の人にとって幸福となるのか?をじっくりと考えてみるきっかけになったと思います。ボビーにように前向きになれるだろうか?周囲の愛情を素直に受け止められるのだろうか?。やけになり永遠に”死にたい”と言ってやしないだろうか?。答えはその時にならないと分かりませんが、この作品がポジティブ方向の力を与えてくれるだろうとは思います。何時かは潜水服を着る時が来るけれど、その時、私は前を向いていたいなぁ。

逆に自ら死を選んだ作品もありましたね。「海を飛ぶ夢」 がそれですが、まさに対極の選択をしています。自分に価値を見いだせるか?。という課題は容易に結論の出ない問いです。感情に流されず生きる事を考えること。そこがスタートなのかなと思います。

★5

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 14, 2008

2層DVD-ROMのバックアップ

大切なDVD-ROMディスク。
傷や熱による変形、子どもが投げて...なんてあり得る話ですよね。
で、バックアップを取る方法は無いものか?と調べてみました。

まず、ISO形式でバックアップ可能なようです。
【DVD Decrypter】というフリーソフトが日本語化に対応しており有名っぽいですね。
これでISO形式 (ディスクのイメージファイル) が出来るみたい。
※B's Recorderでも出来るんでしょうか?

次はDVD+R DL ヘの書き込みですね。
【DVD Decrypter】のISO形式書き込みが楽そうです。

が!注意。問題有りそうです。
私の使用しているDVDドライブは NEC 3500AG です。NECのOEM品ですね。B's RecorderでF/Wバージョンをみると 2.26 となっていますが、どうやら DVD+R DLヘの書き込みに問題でちゃいそうです。Web情報では、アイ・オー・データのHPから最新F/Wアップデータが提供されているらしく、これで最新版にしておいた方がよさげです。

さぁ書き込みだ!とはいきません。もう一点注意が必要。
BookTypeと呼ばれるディスクタイプの設定によって、再生互換の有無が発生するという情報が...。
恐らくはROM化と呼ばれる、DVD+R DLをDVD-ROMにBookTypeを変更するのが吉っぽい気がしますね。
っと...。見れば【DVD Decrypter】でBookTypeを設定出来そうです。さすがです。

これでISOファイルをROM化して書き戻し出来そうな気がしてきますね。
でも2層のDVDメディアって高価ですよね。実験したくてもおこずかいが...。
これだけ調べて見ましたが、成功するかどうか実験するのは無理っぽいです...。(泣)
著作権の問題もありますから安易に実験するのも問題有りますしね。

って事で、このエントリーに書かれている内容での実験・本番バックアップする場合は、著作権に影響ない事をちゃんと確認してからおこなう必要がありますね。自己責任って事で。(Λ。Λ)

| | Comments (57) | TrackBack (0)

« March 2008 | Main | May 2008 »