« ラッキーナンバー7 | Main | ワールド・トレード・センター »

January 20, 2008

題名のない子守唄

題名のない子守唄』 を劇場で鑑賞。

Photo_2

あらすじ:
ウクライナからイタリアにやって来たイレーナ(クセニア・ラパポルト)は、貴金属職人のアパートメントに固執し職を探す。清掃の職を得たイレーナは、次に金細工職人であるアダルケ家に近づくため、階段の転落事故に見せかけ家政婦のジーナを瀕死の状態にし、後釜として首尾よくアダルケ家の家政婦となる。アダルケ家にはテア(クララ・ドッセーナ)という4歳の一人娘がおり、イレーナはテアの心を掴み、そしてテアが養女である事を知るのだが、イレーナの行動に不信感を抱き始め警戒を強める妻ヴァレリア(クラウディア・ジェリーニ)と、ウクライナ時代に殺したハズだった黒カビ・ムッファ(ミケーレ・プラチド)が目の前に現れた事で、彼女の人生はまたしても闇に閉ざされようとしていた。閉ざされた彼女の過去とは?。アダケル家、とりわけテアとの関係とは?。

冒頭、いきなり女性達が裸で選別されているシーンからして印象的で、SMシーンや人身売買のため利用されたイレーナの過去が生々しく描かれているのが脳裏から離れない。少々やりすぎでは?という思いも感じるが、それだけにイレーナの幸せを求める執着心が際立っており、うまくバランスされているようでもあったように感じなくもない。物語りは、イレーナがいかにして最後に出産した子供(と思っている)であるテアに近づくか?というシンプルな構成。目的のために手段を選ばないイレーナに母親の愛すら越える怖さを感じた。テアに対しても、決して甘やかし表面的な愛情をそそぐのではなく、”生きる”ための鞭をふるうあたりはイレーナの過去が大きく影響しており、動物的な愛情表現を思い出す。

幾つか気になった点として、実はムッファが生きていたこと。これには正直驚いた。( ̄□ ̄;)!! あれだけ刺され出血していてよく助かったものだ。っていうかザコキャラなら即死間違いないはず。何故イレーナがイタリアに居るのか?アダルケ家に雇われているのか?どうして分かったのだろう?。相当都合よく悪役を使い回ししており、驚きとともに呆れてしまった。

最後、イレーナが出所し、バス停で待っているシーンがあるが、あのラストシーンもやりすぎで、全てを見せてしまってハッピーエンドにするのは分かりやすいものの安易過ぎる気がして残念。どうなって欲しいのか?は観客に任せてしまってよかったのではないかな?という気がした。

イレーナとヴァレリアはなかなかの演技で、お互いに母親役をうまく演じていたのではないかと思う。管理人や父親役、ムッファなど、男性陣が今一つ物足りない気がした。
★3

|

« ラッキーナンバー7 | Main | ワールド・トレード・センター »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/40128061

Listed below are links to weblogs that reference 題名のない子守唄:

« ラッキーナンバー7 | Main | ワールド・トレード・センター »