« グッドナイト&グッドラック | Main | ダイハード4.0 »

December 31, 2007

メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬

『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』 をDVDで鑑賞。

あらすじ:
メキシコ国境に近いテキサス州で、メキシコ人カウボーイ・メルキアデス・エストラーダ(フリオ・セサール・セディージョ)が誤射により殺害される。友人であるピート・パーキンズ(トミー・リー・ジョーンズ)は、犯人が国境警備隊員である事を知り、犯人であるマイク・ノートン(バリー・ペッパー)を銃で脅し、メルキアデスを墓地から掘り起こす。そうして、ピートはメルキアデスとの生前に約束していた、「死んだら故郷であるメキシコのヒメネスに埋葬する」ため、マイクにメルキアデスを遺体を持たせ、馬で何処とも知れぬヒメネスを目指すのだった。

前半は、メルキアデスの生前と現在を交互に見せながら、殺害された経緯や、ピートとの関係が明らかになってゆき、後半は3度目の埋葬に向かう国境越えの旅。前半少々バタバタするものの、イベントがシンプルなだけにそれほど混乱しないですみました。友人を殺された者と、殺害した者の旅にはどんな意味があったのでしょうか?。
何故ピートは国境越えという危険を冒してまでメルキアデスとの約束を果たそうとしたのでしょう?

それは単なる親友との約束だからなんて安易な理由ではないですよね?真意は?。約束を守る意地というか、ひょっとすると”愛”のようなものでしょうか?。メルキアデスの故郷である”美しい景色”を求めたのでしょうか?
孤独から一時的にでも逃亡しようとしたのでしょうか?。なんとなく思うのは、マイクを拉致し旅に同行させたのが、メルキアデスへの罪滅ぼしというだけではなく、ピート自身が寂しかったからではないかという気がしています。

精神的に孤独となり、何かしら拠り所を求めて当てのない旅を続けたのは、すがる”何か”欲しかったからではないのか?と...。しかし、結局孤独から解放される事はないんだ...と言われているように思うんです。それはマイクに限らず、登場する皆が何かしら精神的孤独を持っているようでした。

盲目の老人が象徴するように、結局人は孤独で、その孤独と正面から向かい合い、行動する。そこから何かしら進展するのか?何も起こらないのか?は分からないけれど、待つべきか動くべきか?。あなたはどうする?そんな問いかけをされているようでした。私のこれまでの人生は”待ち”だったかもしれない。(つд`)
★3

|

« グッドナイト&グッドラック | Main | ダイハード4.0 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/17530556

Listed below are links to weblogs that reference メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬:

« グッドナイト&グッドラック | Main | ダイハード4.0 »