« マイアミ・バイス | Main | 007 カジノ・ロワイヤル »

November 22, 2007

ALWAYS 続・三丁目の夕日

ALWAYS 続・三丁目の夕日』 を劇場で鑑賞。

Zoku3chome

タイトルの通り、2005年に公開された『ALWAYS 三丁目の夕日』 の続編となる。

あらすじ:
昭和34年春。茶川竜之介(吉岡秀隆)はスランプ状態。そこに淳之介(須賀健太)の実父・川渕康成(小日向文世)が淳之介を引き取ろうとやってきたのだった。鈴木オートには、則文(堤真一)の親戚が事業に失敗し、娘・美加(小池彩夢)を預けに来た。この娘がお嬢様で、一平(小清水一揮)とぶつかることになる。石崎ヒロミ(小雪)はというと、茶川への想いを捨てきれないまま踊り子をしていた。環境はどんどん変わってゆく。東京タワーは完成し、東京駅や羽田空港、新幹線の登場など。土地開発も進んでいた。そんな中にあっても夕日町三丁目は変わらぬ時間の流れが存在し、それぞれが日々暮らしているのだが...。

はっきり言ってしまえば、やっぱり「続編はやめておいた方がよかった」ですね。前回は東京タワーという視覚的なシンボルがどっかりとあって、そこに住民のエピソードがバランスよく抽出されていて”昭和”に触れることが出来たのですが、今回は茶川が芥川賞に向け頑張る話と、茶川と淳之介を巡る話がメインであり、まぁ時代が”今”でもいいんですよね。ようするに、前作のキャスティングをそのまま引き継いだため、ネタが無くなり新鮮さが感じられないんです。典型的なPart.2という感じなのが痛々しい...。
オープニングのVFXにも衝撃を受けました。えぇっ!?。幾ら夢でもそりゃ無いんじゃないの?( ̄□ ̄;)!!。全体的に”昭和”を感じさせない雰囲気となっていますが、更に事態を悪化させていますね。振り返ってみての感想ですけど。則文の切れっぷりもいい加減に見飽きてきますし、やっぱり続編はやめときゃ良かったのに...に辿りついてしまいますね。

時代やキャスティングに縛られた感じがあるわけですが、それ故に、俳優陣の演技は子供から大人まで良かったと思います。最後の砦は守られたって感じですね。もっと東京タワーを使ってくれたら...と思うと残念です。則文の高所恐怖症だったり、一平と美加の話にしてもいい。もう少し面白くなったんじゃないかな?と感じます。

総じて印象の薄い作品になってしまっており、現実にはありえない、偶然のシーンが多い本作は殆ど記憶に残らないだろうと予想します。実は劇場で見てから今の時点で2週間ほど経ってしまっていますが、どんどん記憶から消えていっています。さすがにもうこれで終わりだと思いますが、そこまでして続を作りたかった日本映画界を見るとハリウッド化してきているようで心配です。
★3

|

« マイアミ・バイス | Main | 007 カジノ・ロワイヤル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/17158973

Listed below are links to weblogs that reference ALWAYS 続・三丁目の夕日:

« マイアミ・バイス | Main | 007 カジノ・ロワイヤル »