« デジャヴ | Main | トランスフォーマー »

August 08, 2007

プラダを着た悪魔

『プラダを着た悪魔』 をDVDで鑑賞。

あらすじ:
アンディ(アン・ハサウェイ)がジャーナリストとなるためのキャリアとして最初に選んだ職業は?ファッション誌・ランウェイの編集長ミランダ・プリーストリー(メリル・ストリープ)の第二アシスタントだった。センスゼロのアンディは偶然にもその知能を買われ奇跡的に採用されたのだった。しかし、あまりに理不尽とも思えるミランダの要求。発売前の小説を読みたい!。全便欠航という悪天なのに飛行機を手配しろ!等々。全てを否定されてしまったのだが、アンディの反撃は始まるのだった。そして、ついに獲得した信頼。無くした友人と恋人。最後にアンディが選んだ人生は誰もが憧れるキャリアだったのか?。

正直ブランドというのは全く知らない悲しい自分。というわけで恐らくプラダを筆頭に素晴らしい衣装は似合ってるな~という程度。なんとなくですが、これだけで作品の魅力を幾らか見逃していて損している気がしますね。ストーリーは単純。無謀に飛び込んだ業界で揉まれ、強烈なパンチをあびながらも這い上がり栄光をつかむ...的なサクセス。最後のアンディは社会人としてあり得ない行動をとりますが、まぁシリアスな作品ではないからあれでいいんでしょうね。どうせ辞めるんだから”もう知らね”的行動は今の日本にもありそうです。

ミランダ役のメリル・ストリープは流石ですね。凄腕で、しかしワガママな超一流編集長を格好よく見せてくれます。素人から見ても美しいし、一瞬見せる素の顔がなんともいい。また、一見単なる意地悪役と思われる第一アシスタントのエミリー(エミリー・ブラント)がいい。実は信念を持って頑張っている女性は彼女こそなのでは?と思わせる奮闘ぶりに感服しました。

セクシャルハラスメントやパワーハラスメントが問題視される中、特にすぐ訴えられそうなアメリカでホントにあんな凄い上司がいるのか?疑問も残るものの、そこはカリスマなんだからありなのかなぁ...などと思いつつそれなりに楽しめました。しかし、彼女が途中から来ていた服や靴は会社の財産ですよね?さすがに横流しはやばくないですかね?(;¬_¬)
★3

|

« デジャヴ | Main | トランスフォーマー »

Comments

Wow! This blog looks exactly like my old one! It's on a completely different topic but it has pretty much the same layout and design. Superb choice of colors!

Posted by: how to burn Belly fat | February 03, 2014 at 09:46 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/16126984

Listed below are links to weblogs that reference プラダを着た悪魔:

« デジャヴ | Main | トランスフォーマー »