« ヒマラヤ杉に降る雪 | Main | デジャヴ »

July 28, 2007

レミーのおいしいレストラン

レミーのおいしいレストラン』 を劇場で鑑賞。

Remy

あらすじ:
天才的な料理の才能を持つネズミのレミー。そんな彼は名シェフであるオーガスト・グストーの本を読み敬愛していた。一方、グストー亡き後のシェフはスキナーが引き継いだが、三つ星に成り下がり本業以外の商売を目論む始末だった。そんな時、アルフレッド・リングイニが推薦状を持って現れ雑用として採用される。訳あってレミーは家族と離れ離れになり偶然にもグストーの店に辿りつくのだった。リングイニの失敗をリカバリするレミー。料理を作りたいレミーと、料理の才能がなく首になりたくないリングイニがタッグを組むことになるのだった。リングイニを操縦しうまくやっていたレミーだったのだが、所詮はネズミ。世の中それほどあまくはないのだった...。

天才ネズミが駄目人間を”操縦”するという発想からして興味をそそられる。そして、物語りは子供から大人まで楽しめる仕上がりになっていたと思う。ネズミというとそれだけで毛嫌いしそうな動物が主役だが、レミーやその仲間達は姿こそネズミであるものの、人間臭さを漂わせており”そういう新しい生き物”としてペット的な感覚で見る事が出来た。一方で人間キャラは?というと、各々の容姿と性格がリンクしているため、どんなやつだったっけ?なんて思い出す苦労もなく作品に集中出来る。

ストーリーは、これまでピクサー作品と言えば童心に帰る的な心温まる作品だったが、今回は見ている者それぞれの年齢のままで楽しめる娯楽作品に仕上がっていたと思う。それぞれ楽しむツボは違うかもしれないが、どこかでピタットはまるところがあるストーリー。それは夢をかなえる事だったり、女性が働く難しさだったり、妬みだったり、人間操縦だったり、料理そのものだったり、家族愛だったりするわけ。

勿論、映像もさすがピクサーという感じで、適度なアニメティック的リアリティは健在。スピードの強弱もあり、幻想描写も違和感がないので全くストレスを感じない。キーワードであるグストーの言葉が連呼されるが、個人的には嫌味に感じる事もなく、むしろ子供にも分かりやすくて良かったんだろうと思う。結末がアメリカ的強引なハッピーエンドでなかったのも好印象ですね。
あのまま営業停止とならず繁盛していたら一気に評価ダウンでした。
★4

|

« ヒマラヤ杉に降る雪 | Main | デジャヴ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/16126037

Listed below are links to weblogs that reference レミーのおいしいレストラン:

« ヒマラヤ杉に降る雪 | Main | デジャヴ »