« あるいは裏切りという名の犬 | Main | 新幹線99の謎 »

April 24, 2007

月へのぼったケンタロウくん

『月へのぼったケンタロウくん』 を読了。

あらすじ:
ひとりぼっちのおかあさんとひとりぼっちのおじいさん、そしてケンタロウくん。月で待ってるよ、と言い遺してこの世を去ったおじいさんに、ケンタロウくんは会いにいく。

おじいさんとの約束。6才になったケンタロウくんと月で会うという。それは著者が最愛の人を亡くした傷が癒えるのに必要だった時間とも言えるんだろう。暗闇は「命」を吸って膨らんでいる。悲しみは暗闇を増やす。暗闇から抜け出す方法は人それぞれあるんだろうけれど、それは時間だったり、思いを解放する事だったり、色々。勿論、ケンタロウくんの存在が大きかったのは間違いなくて、お互いを助け合える人がいる事で救われていて、そういう人が私もまもなく出来るのが救いかもしれない。

[ 書庫データ ]
月へのぼったケンタロウくん
著 :柳 美里
訳 -
ポプラ社 1200円 ?版 ?p ISBN4-591-09764-9

|

« あるいは裏切りという名の犬 | Main | 新幹線99の謎 »

Comments

Hello my loved one! I want to say that this article is awesome, nice written and come with approximately all significant infos. I'd like to look extra posts like this .

Posted by: Lachlan | January 17, 2014 at 10:12 AM

I like the valuable info you provide in your articles. I will bookmaek your blog and check again hre regularly. I'm quite sure I will larn plenty of new stuff right here! Best of luck for the next!

Posted by: Ariel | February 25, 2014 at 03:43 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/14829848

Listed below are links to weblogs that reference 月へのぼったケンタロウくん:

« あるいは裏切りという名の犬 | Main | 新幹線99の謎 »