« 第三の時効 | Main | ビタミンF »

April 04, 2007

24 -TWENTY FOUR- シーズンⅠ

『24 -TWENTY FOUR- シーズンⅠ』 をDVDで鑑賞。

あらすじ:
カリフォルニア州での大統領予備選挙戦当日の午前0時-午前0時の24時間。
大統領候補者・デイビッド・パーマー議員(デニス・ヘイスバート)の暗殺と、暗殺を阻止するため活動するCTU(テロ対策ユニット)LA支局チーフ・ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)とその家族の誘拐事件が同時に進行する。ジャック、及び家族と元愛人・ニーナ・マイヤーズ(サラ・クラーク)がCTUを中心に動き、パーマー議員の選挙活動と、息子の過去を巡る家族間の意見の相違。暗殺者グループの真意ははたして?。

今更ですが、毎日少しづつ見てきてやっと1シーズンの鑑賞を終える事が出来ました。いやぁ疲れた。

24時間連続した長編物語にも関わらず、時間軸が前後する事なく見せるという手法は初体験で、常に”何か”が進行している中から重要なシーンを切り取り、シーンの切替時はサムネイル表示し違和感を軽減する方法は巧いと思いました。

登場人物は多いものの、おおよそキーマンは把握でき、連続して鑑賞しなくとも取り残される事はありません。この辺のキャラクタチェンジの巧さは元々がドラマであるがゆえの産物と言えるでしょう。もっともキャラの切替は死んで交代なので、巧妙とは少し言いすぎかもしれませんね。また、ドラマであるがゆえ、盛り上がりが周期的にやってくるのも最後まで飽きずに見ることができた理由だと思います。

さて、内容については今更書くこともありませんが、ラストのどんでん返しや、暗殺の真意、暗殺準備期間が十分であったわりにはつめがあまく、キムの過剰な言動や、シェリーの貪欲さ等々、脚本の粗さや、キャラ設定の苛立ちもそれなりにありました。

エンディングが気になりついつい次が気になり見てしまうものの、終わってみるとどこか物足りない感じになったのも、こういった強引な部分によるものかもしれません。

どんどん善人が殺されてしまうのも悲しいですね。分かりやすさとトレードオフなのですが、このキャラの切替が物語をリセットし新鮮さを維持しているもの事実で、でも必要最小限にしてくれるともっと後味がよかったかもしれません。ニーナが生きて、テリーが殺されてしまうのはなんとも悲しいエンディングです。賛否あるんでしょか? 皆はこのエンディングを支持しているのかな?。
★3

|

« 第三の時効 | Main | ビタミンF »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/14550093

Listed below are links to weblogs that reference 24 -TWENTY FOUR- シーズンⅠ:

» プロポーズ大作戦ネタバレ長澤まさみ画像 [プロポーズ大作戦ネタバレ長澤まさみ画像]
プロポーズ大作戦の内容、あらすじと、今後のネタバレさらに、あの清純派の長澤まさみちゃんの超レア動画を公開♪プロポーズ大作戦に興味のある方のみどうぞ!! [Read More]

Tracked on April 04, 2007 at 08:47 PM

» 韓国ドラマ フルハウス [これいいよ]
「冬のソナタ」から始まった韓国ドラマブーム まだまだ、終わりそうもないみたいですよね。 その証拠に、今でもたくさんの韓国ドラマが、 TVで放送されていますよね。 [Read More]

Tracked on April 04, 2007 at 09:37 PM

« 第三の時効 | Main | ビタミンF »