« イーオン・フラックス | Main | きみに読む物語 »

February 16, 2007

ナイロビの蜂

ナイロビの蜂』 をDVDで鑑賞。

あらすじ:
イギリス外交官のジャスティン・クエイル(レイフ・ファインズ)は、妻・テッサ(レイチェル・ワイズ)と駐在先のケニア(ナイロビ)で暮らしていたが、テッサは黒人医師アーノルド(ユベール・クンデ)と共に「何か」の調査に出かけ、ワニしかいない湖の畔で殺害された。温厚派のジャスティンは、これまでテッサの行動に干渉せず、趣味の庭いじりに熱中していた。これは結婚時の約束事でもあったのだが、この事件後、テッサが残していた「秘密の箱」を見つけ、その中からイギリス製薬会社スリー・ビーズ(蜂のロゴマークx3)、多国籍製薬会社KVHに関する資料や、クエイルの上司・サンディ・ウッドロウ(ダニー・ヒューストン)からの手紙を見つける。単なる強盗ではないと考えたジャスティンは、テッサが残していた資料などから独自に調査を開始するのだが、ナイロビで行われていた愚行は国益まで絡んだ陰謀であった。企業・国家の外道行為、そして夫婦愛に触れたシャスティンがとった行動は...。

一切の無駄をそぎ落とし、素晴らしくバランスされスタイリッシュに仕上がっている作品だと思いました。一瞬でも見逃せば「何か」がかけてしまい完成しないジグソーパズルのようであり、しかしエンディングまでピースを無くすことなく完成させた時、この作品の完成度に感動すら覚えます。

現在と過去を頻繁に往復し、時折ユーザを置き去りにするような説明不足感があるものの、最終的には全て計算づくしであることを知ることとなりました。途中で余計な情報は必要ないでしょう! ということで、全くその通りなんですが、少々ハードルが高く設定されていると感じるのは私の能力不足故でしょう。それゆえに、気を抜いて観ていると「何故そうなったか?」が分からないまま進行してしまいそうです。勿論、大筋を見失うことは無いように作られていますので、多少のことは気にしなくてもOKなんだとは思います...。”この結婚からは死んだ子供しか生まれない”などの真意が一例かと思います。私もそうですが、当のジャスティンすら勘違いしていましたからね。(´ー`)┌

個人を責め、企業を責め、国連を無視し人道に反する国に嘆き、ついに単独行動を起こしたテッサ。大人だったジャスティンは、テッサの記憶をたどるうち、自然とテッサに近づき、精神的にも結婚する。そうして、ジャスティンも8発の銃弾をあびて家に帰るのですが、この展開はハリウッド作品と一線を画していると感じました。エンディングの子供達も印象的で、無邪気な笑い声はなにより心に響く終わり方だし、全体的なカメラワーク(客観的な視点)や音楽なども印象深かったです。モノクロームではないけれど、セピアっぽく見えるシーンは大好きです。

外交官という仕事を忠実にこなし、穏やかで社交的、妻を愛したジャスティン。弱き者を守るため精力的に活動を続け、信念のために行動する。なによりも夫を愛したテッサ。この2人のキャスティングは見事で、置かれた立場から見せる表情や仕草のどれをとっても魅力的で、困惑し、絶望し、喜ぶ姿に観ているこちらも同調してしまう。
レイチェル・ワイズはアカデミー助演女優賞を取ったそうですが至極納得です。
★5

|

« イーオン・フラックス | Main | きみに読む物語 »

Comments

コメントありがとうございました。
無駄がなくて完成された映画ですよね。
ボクには難しすぎて一回ではなかなか理解しきれない部分も多々ありましたが、とてもよかったです(^^

Posted by: かんすけ | February 22, 2007 at 12:11 AM

It has an option to feed your favorite app aand you can set to show it on a particular time evedy day. I don't know about you but my password management is less tan optimal. Not only does iit take voice commands, but it also understands what youu mean and will get smarter over time aas it learns how you say things.

Posted by: bypassicloudremoveactivationlock.wordpress.com | October 21, 2014 at 12:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/13931799

Listed below are links to weblogs that reference ナイロビの蜂:

» ナイロビの蜂 [シアフレ.blog]
トラックバックさせて頂きますので、よろしかったらトラックバックをお待ちしております。 世界的陰謀の真相を巡るサスペンスと愛のドラマが見事に融合されていると思います。重厚な社会派映画でありながらも、愛の強... [Read More]

Tracked on February 19, 2007 at 10:32 PM

» mini review 07004「ナイロビの蜂」★★★★★★★★☆☆ [サーカスな日々]
カテゴリ : スリラー/サスペンス ドラマ 製作年 : 2005年 製作国 : イギリス 時間 : 128分 公開日 : 2006-05-13〜 監督 : フェルナンド・メイレレス 出演 : レイフ・ファインズ レイチェル・ワイズ ユベール・クンデ ビル・ナイ ピート・ポスルスウェイト ダニー・ヒューストン 英国外務省一等書記官のジャスティンは、ナイロビの空港からロキへ旅立つ妻テッサを見送った。�... [Read More]

Tracked on February 28, 2007 at 02:36 PM

« イーオン・フラックス | Main | きみに読む物語 »