« January 2007 | Main | March 2007 »

February 27, 2007

インファナル・アフェア

インファナル・アフェア』 をDVDで鑑賞。

あらすじ:
警察学校でウォン警視(アンソニー・ウォン)に潜入捜査官として抜擢されたヤン(トニー・レオン)。
香港マフィアでサム・ホン(エリック・ツァン)に指名されたラウ(アンディ・ラウ)。
ヤンは裏社会に、ラウは警察学校に潜入し10年の歳月が流れた。ラウは酷く疲れ潜入捜査官を辞めたいと願うがかなわなかった。それぞれが今のポジションを確実なものにした頃、サムが大きな麻薬取引を行うことをリークする。サム逮捕に十分な対応を進めるウォン警視だったが、ラウがサムに警告を送り、ギリギリのところで逮捕を免れる。その時、ウォンとサムが同時にスパイの存在を確信することとなり、それぞれの方法でスパイ探しが始まるのだった。

あっと言う間に作品に釘付けとなり、あっと言う間に終わった。それほどに素晴らしく贅肉のない、しかし厚みのあるストーリーだった。説明的なシーンや、無駄な登場人物は皆無で、警官とマフィアがそれぞれ身分を隠し精神を擦り切らしながら使命に従う姿に目が話せない。裏社会で苦労するヤンがウォン警視やDr.リー(ケリー・チャン)と会うシーンも、ヤンの蓄積された苦労を更に深く知る印象深いシーンとなっている。そして、いよいよ中盤以降の展開に予想が追いつかなくなってゆき、ハリウッドとは違う「映画」を堪能させて貰った。

唯一の理解者を失い、しかし仲間に信頼され困惑し必死に生きる道を探るさまや、非道な行為を良しとせず己の判断で行動する「人」こそが最大の魅力であり、その複雑な心理をトニー・レオン、アンディ・ラウの両者とも見事に演じている。アンソニー・ウォンもしっかり脇を固めておりキャスティングも申し分ない。

ストーリーの邪魔をせず、しかし効果的な音楽や、派手な映像にしなかったのも「地獄」というテーマからするとピタリはまっている気がした。単純な警察とマフィアの知恵比べにしなかったのが最大の成功であり、最後まで生き残り”無間地獄”という試練を与え終劇したのが巧で、そのまま終わっても良し、続編につながっても良しというシナリオに唸る。
★5

p.s.
2006年のアカデミー作品賞が「ディパーテッド」とのことで慌てて本作品を鑑賞したが、ハリウッドがこの作品をうまくリメイク出来たのだろうか?。派手な銃撃戦や、情報戦といった目に見える部分に重きをおき、肝心の「心」を置き去りにしていなければよいのだが...。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 26, 2007

間宮兄弟

間宮兄弟』 をDVDで鑑賞。

あらすじ:
間宮兄弟の兄・明信(佐々木蔵之介)と弟・徹信(塚地武雅)は東京下町で平凡な生活をおくっていた。兄はビール会社の商品開発研究員。弟は小学校の校務員として働き、夜な夜な映画鑑賞やら、野球観戦、紙飛行機を飛ばして楽しみ、銭湯も一緒、夜の反省会、外出時にジャンケン(グリコ)など、ちょっと変わった一面も持った微笑ましい兄弟である。そんな兄弟だが、2人とも恋人がいない。そこでカレーパーティを企画し、お互いに気になっている女性に声をかけるのだった。兄はレンタル店店員の本間直美(沢尻エリカ)、弟は小学校教員の葛原依子(常盤貴子)を誘う。そうして、2人の部屋に女性が訪れ、カレーパーティをきっかけににわかに慌ただしくなるのだが、果たしてクリスマスに2人は?。

まずは物語りのスロー加減が心地よい作品だ。ちょっと外したキャラは”引く”寸前に設定され、その絶妙さが小さな笑いへの扉を開けてくれる。真剣であるがゆえに笑いへとつながる所が好きで、とにかく小ネタが満載。野球の楽しみ方や、寝る前の反省会、マニア兄弟っぽい部屋などのネタが続くが、もう少し中盤に盛り上がりがあるとダレなくてよかったかもしれない。展開に馴れてくると睡魔が襲ってくる可能性を秘めており、危うく落ちそうになってしまった。そのくらいリラックス出来てしまう。(^^;

確かに恋人はいないかもしれないけれど、2人は楽しみ、満足した人生を送っているのだからいいじゃない?。もしかしたら幸せがやってくるかもよ?という期待をエンディングで見せてくれて気持ちよく終わった感じ。こういう作品はいかに温もりを与えて終わるか?がキモだと思っていますが、成功していますね。兄弟のデコボコなんだけど、とても自然で楽しそうなやり取りもいい感じです。

兄弟の母親として中島みゆきが出てきた時は驚いた。全体的なキャスティングとしても、かなり凹凸感があるわりに締める所を締め計算された感じで、森田監督の巧さを感じる。
とにかく人生色々あるけど、反省会やってガンバロ!。(*´д`*)
★3

| | Comments (0) | TrackBack (2)

February 24, 2007

ブロークバック・マウンテン

『ブロークバック・マウンテン』 をDVDで鑑賞。

あらすじ:
1963年初夏、牧場主・アギーレの元に2人の青年が訪れる。彼らはブロークバックマウンテンで羊を放牧し、羊を守るために雇われ、羊とともに山でキャンプする事になる。一人は地元出身のイニス・デル・マー(ヒース・レジャー)で、両親を無くし、兄弟も結婚し行き場を無くした無口な男。しかし放牧の仕事を終えたらアルマ・ベアーズ(ミシェル・ウィリアムズ)と結婚する予定。もう一人はテキサス出身のジャック・ツイスト(ジェイク・ギレンホール)で、牧場の息子だが、ロデオで生計をたてようとしていた。
イニスが無口であったため当初会話は殆ど無かったが、次第に打ち解けあい、寒い夜、ジャックはイニスをテントに誘うのだった。その夜に2人は結ばれ、それぞれ地元で家庭を持ってからも、あの山での日々が輝かしく脳裏から離れないのだった。その後の2人は?。

最初はやっぱり拒否反応がありましたよね。同性同士が愛し合う。確かに自由ですから他人が干渉すべきではないし、構わないと思うんですが、それって他人事だからなんじゃないのかな?とも思うわけです。父親とか、友人が同性愛者だったらどうなんですか?って問われたら...絶句すると思いますね私は。「真剣に愛し合っているんだから認めてよ」と説得され目の前でその真剣さを見せられて納得出来ますか?って事です。私は無理。

じゃぁ、イニスが女性だとしたら?。そう考えるとこの深い愛の物語りは恐ろしく綺麗なものに変わってきて、出会いから別れまでそつ無く描かれており、冷静に「愛とは?」を考える事が出来ます。でも、そうだとして、無駄は無いけれど特別な何かを持っているか?と考えると微妙。やっぱり同性愛というキーワードというか、男同士だからこそ生まれる苦しさが必要で、その苦しさと愛というトレードオフのバランスが本作を傑作に押し上げたのだろうと思うんですね。

そこに私は苦しみます。同性愛はやっぱり嫌。でも作品としては同性愛だからこそ成立したという事実。憧れるのと愛するのは別なんですよね。男だって男に惚れる事はあります。それは理解出来ます。心の底から相手を必要とするのも分かります。でも、同性を愛し、そういう行為を良しと出来ないんだなぁ私は。

作品では殆ど前置きなしで行為に移ります。その突然の展開にも驚きました。愛する事に時間という概念は無い。というメッセージかもしれませんが、少し強引過ぎる気がします。それまで殆どまともな会話もなかったのにいきなりですか???って絶句し、苦笑してしまいました。あのシーンは必要なシーンですが、もう少し説明が欲しかったですね。

役者2人の熱演にはホトホト参ってしまったのは事実です。物凄い体当たりの演技で、自分の可能性を探すため完璧な”役者”になっていましたね。とにかく素晴らしい!この演技は絶対に見ておくべきだと思います。そして、イニスの妻を演じたミシェル・ウィリアムズも表情といい文句無しの演技で、総じて役者は皆素晴らしく、役者が自分試ししているような静かな気合いを感じました。

ワイオミングの美しい自然はこの物語りに花を添えています。テキサスの枯れた感じも効果的でした。控えめながら、映像と音はこの作品に間違いなく厚みを与えていると思います。

「純愛作品」として素直に受け入れる器を持っていない私は苦しんでいます。それは、死ぬほど愛した経験が無いからかもしれません。
しかし見た事を後悔はしていません。それは本当です。
★3

| | Comments (0) | TrackBack (2)

February 20, 2007

動機

『動機』 を読了。

横山秀夫氏の作品としては5冊目。久々の短編集でしたが、非常に濃密で、短編だったのか?と思わせるあたりは巧い!と思います。4つの物語で構成されておりました。

「動機」
警察手帳を一括保管・管理していたが、その手帳30冊が盗まれた。
外部の犯行か?内部か?内部の犯行だとしたら理由は?個人的な恨みか?。一括保管の起案者であるJ県警本部警務課企画調査官・貝瀬正幸にのしかかる責任問題。記者発表まで残り時間僅か。タイムリミットまでに犯人を特定出来るか?手帳は?。「都合のいい犯人」であったり「父と子」というキーワードが非常に分かりやすく物語の潤滑剤として有効に機能しており、警察の確執と人生をうまく組み合わせて一気に読めてしまう流れはさすが。

「逆転の夏」
13年前、保身のため女子高生を殺害した山本洋司。
仮出所し、ひっそりと暮らしていた。彼の望みは「いつか家族の元に戻ること」。そのかなわぬ思いにケリをつけるため妻に生活費を送金し続けていた。そんな時、突然”カサイショウジ”と名乗る男から殺人の依頼を受ける。最初は話しを聞くだけ...しかし、依頼を受けてもいないのに山本の口座にはどんどんお金が振り込まれてくる。「家族」を取り戻すための金が欲しくてついに”カサイショウジ”の言う完全犯罪にのってしまうのだが、その先に待っていた現実はまさに逆転だった。途中で少しは怪しいなぁとは思うものの、スピード感がありあっという間にエンディングへ突入してしまった。更生したい者と、殺人を誘惑する者の駆け引きが絶妙で面白い。

「ネタ元」
弱者のための記事を書きたい!と地方紙に入社した水島真知子。
ネタ元と呼ばれる「情報提供者」の存在と、女であることの不公平感。入社時の思いなどとうに忘れ、とにかくスクープを!という現在のメディアを象徴する展開と、実はネタ元と共存していなかったという展開は、日常ある勘違いとうまくリンクしていて、不公平感さえも被害妄想であったと一蹴してしまうところが微妙でハラハラしてしまう。

「密室の人」
裁判長・安斉利正が法壇で居眠りし、あろうことか妻の名を言ってしまった。
面白がる同僚。煙たがる上司。新聞に書かれては困ると翻弄する安斉は雲の上から地上に降りてきた普通の人だった。裁判官という特殊な職業の裏側と、妻の静かな攻撃という意外?な組み合わせのギャップがなかなかで、次の展開が気になり気がつけば幕がおりようとしていたが、地上で安斉が向かう先に何があるのか?。つい期待してしまうのは男の身勝手だろうか?。

横山 秀夫氏のこれまでのエントリーは以下です。
ルパンの消息
陰の季節
クライマーズ・ハイ
半落ち

[ 書庫データ ]
動機
著 :横山 秀夫
訳 -
文春文庫 \514 ?版 304p ISBN4-16-765902-6

Douki

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 19, 2007

きみに読む物語

『きみに読む物語』 をDVDで鑑賞。

あらすじ:
湖畔に建つ屋敷の2階からは夕焼けで黄金に染まった湖が見える。白鳥とともに屋敷に近づくボートを見つめる中老を越えた女性。そんな彼女に、つきっきりで「恋物語」を読んで聞かせる同年代の男性がいた。そうして、夏に起きたアリー(レイチェル・マクアダムス)とノア(ライアン・ゴズリング)の恋が静かに語られてゆく。それはまるで実話であるかのように。

記憶障害を持つ女性と、彼女を全力で愛し続けた男性。正直、中盤で「恋物語」のオチは分かってしまうのだけれど、心臓を患ってなお懸命に愛し続けるノアの姿がかろうじて映画の世界に踏み留ませた感じ。ありふれた恋の物語に、近年盛んに映画化されている記憶系ということで「またか...」と感じる人も多いかもしれない。私もその一人で、後半に向けての展開にあまり期待出来なかったため睡魔と戦った時間帯があったのは、作品のテンポがスローモーなだけではないと思う。好奇心から奔放なノアに好意を持つアリーと、将来を危惧し反対するアリーの両親。反発するも流れに身をゆだねる展開、最後のどんでん返しは王道と言えるかもしれず、リラックスして「恋物語」を楽しみたいならお薦め。

若年のノア、高齢となったノア。恋の表現は歳とともに大きく変わってしまったようだけれど、それでも彼の根底にある熱い想いは変わっていないようだ。その想いの強さがエンディングのシーンになったのだろうけれど、物語なくアリーの記憶が戻ったことや、2人同時に旅立つのは少々都合良すぎた気がして残念。

映像的には、黄金の湖は勿論、一面の白鳥に圧倒されるシーンなど見処があり、スタンダードなカメラワークも安心して観ていられる。もう少しネタが分からないよう工夫されるともっと楽しめたかな?と思われるところが残念。
★3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 16, 2007

ナイロビの蜂

ナイロビの蜂』 をDVDで鑑賞。

あらすじ:
イギリス外交官のジャスティン・クエイル(レイフ・ファインズ)は、妻・テッサ(レイチェル・ワイズ)と駐在先のケニア(ナイロビ)で暮らしていたが、テッサは黒人医師アーノルド(ユベール・クンデ)と共に「何か」の調査に出かけ、ワニしかいない湖の畔で殺害された。温厚派のジャスティンは、これまでテッサの行動に干渉せず、趣味の庭いじりに熱中していた。これは結婚時の約束事でもあったのだが、この事件後、テッサが残していた「秘密の箱」を見つけ、その中からイギリス製薬会社スリー・ビーズ(蜂のロゴマークx3)、多国籍製薬会社KVHに関する資料や、クエイルの上司・サンディ・ウッドロウ(ダニー・ヒューストン)からの手紙を見つける。単なる強盗ではないと考えたジャスティンは、テッサが残していた資料などから独自に調査を開始するのだが、ナイロビで行われていた愚行は国益まで絡んだ陰謀であった。企業・国家の外道行為、そして夫婦愛に触れたシャスティンがとった行動は...。

一切の無駄をそぎ落とし、素晴らしくバランスされスタイリッシュに仕上がっている作品だと思いました。一瞬でも見逃せば「何か」がかけてしまい完成しないジグソーパズルのようであり、しかしエンディングまでピースを無くすことなく完成させた時、この作品の完成度に感動すら覚えます。

現在と過去を頻繁に往復し、時折ユーザを置き去りにするような説明不足感があるものの、最終的には全て計算づくしであることを知ることとなりました。途中で余計な情報は必要ないでしょう! ということで、全くその通りなんですが、少々ハードルが高く設定されていると感じるのは私の能力不足故でしょう。それゆえに、気を抜いて観ていると「何故そうなったか?」が分からないまま進行してしまいそうです。勿論、大筋を見失うことは無いように作られていますので、多少のことは気にしなくてもOKなんだとは思います...。”この結婚からは死んだ子供しか生まれない”などの真意が一例かと思います。私もそうですが、当のジャスティンすら勘違いしていましたからね。(´ー`)┌

個人を責め、企業を責め、国連を無視し人道に反する国に嘆き、ついに単独行動を起こしたテッサ。大人だったジャスティンは、テッサの記憶をたどるうち、自然とテッサに近づき、精神的にも結婚する。そうして、ジャスティンも8発の銃弾をあびて家に帰るのですが、この展開はハリウッド作品と一線を画していると感じました。エンディングの子供達も印象的で、無邪気な笑い声はなにより心に響く終わり方だし、全体的なカメラワーク(客観的な視点)や音楽なども印象深かったです。モノクロームではないけれど、セピアっぽく見えるシーンは大好きです。

外交官という仕事を忠実にこなし、穏やかで社交的、妻を愛したジャスティン。弱き者を守るため精力的に活動を続け、信念のために行動する。なによりも夫を愛したテッサ。この2人のキャスティングは見事で、置かれた立場から見せる表情や仕草のどれをとっても魅力的で、困惑し、絶望し、喜ぶ姿に観ているこちらも同調してしまう。
レイチェル・ワイズはアカデミー助演女優賞を取ったそうですが至極納得です。
★5

| | Comments (2) | TrackBack (2)

February 08, 2007

イーオン・フラックス

『イーオン・フラックス』 をDVDで鑑賞。

あらすじ:
2415年、人類はウィルスによって壊滅的なダメージをうけ、トレバー・グッドチャイルドが開発したワクチンにより助かったのは僅か500万人だった。助かった人類は、汚染されていない都市・ブレーニャと呼ぶ「壁の中」で、グッドチャイルド家の管理下のもと400年もの間暮らしてきた。グッドチャイルド家8代目のトレバー(マートン・ソーカス)は、弟オーレン(ジョニー・リー・ミラー)と数名の仲間で管理政府を作りブレーニャを管理していたが、度重なる市民の神隠しに疑問を持ち、管理政府に抵抗する反政府組織“モニカン”が生まれた。”モニカン”の一員であるイーオン・フラックス(シャーリーズ・セロン)は、警察に妹を殺害された事を最終的なきっかけとしてトレバー暗殺に向かうのだが、潜入して見た真実は?。

単純なお色気アクション作品と思いきや、未来的な仕掛けや、少々複雑な人間関係(見た目で識別が難しい)、善人と悪人の区別が微妙に込み入っており、途中で置き去りにされてしまいそのままエンディングまでいってしまいました。

まず、未来的な世界なら全てを統一して欲しかったですね。カプセルを飲むと脳内で通信が可能になるテクノロジーや、体内に埋め込んだスイッチを押すと意思共有可能なテクノロジー、更にはクローン人間作成、実験室ヘの瞬間移動、敵を認識し攻撃する植物等々、未来がぎっちり詰まっています。一方で、平凡な町並みや、壁の外を消毒する装置、徒歩の移動、物語のキーとなる出産に関する部分など、ローテク満載でギャップが大きいです。

また、オリジナルメッセージを見せようとしているものの、実は「マトリックス」的な世界の中で、「インディージョーンズ 最後の聖戦」の時代から永遠言われ続けている不死問題を盛り込んだだけで新しい要素は無いんですよね。善悪の判断が微妙で、しかも暗殺指令が記憶云々でうやむやになってしまうのが分かりにくくしている原因だと思います。

映像的には及第点で、飛行船墜落時の粗いCGは気になったものの、それ以外の細かい映像は満足出来る仕上がりでした。さすがに見た目はしっかりしておかないと、この作品は成り立ちませんからね。(^^;

最後に、壁が壊れ、出産問題は解決しハッピーエンドで締めくくっていますが、400年前のウィルス問題は大丈夫なんでしょうか?。小さな悪人はいなくなった気がしますが、いよいよ人類滅亡のカウントダウンが再開してしまったようで心配です。
★2

| | Comments (0) | TrackBack (3)

« January 2007 | Main | March 2007 »