« October 2006 | Main | December 2006 »

November 27, 2006

手紙

手紙』 を劇場で鑑賞。

Tegami

あらすじ:
両親を早くに亡くした兄・武島剛志(玉山鉄二)と弟・直貴(山田孝之)。学のない兄は常々世間の厳しさを感じ、弟には大学へ進学して欲しいと必死に働いていた。しかし、腰を悪くし、会社をくびになった兄は強盗に入り殺人という罪を犯す。
兄が無期懲役となった後、直貴は3度転職をする。そんな時、同じ会社で働く白石由美子(沢尻エリカ)が好意をよせるのだが、犯罪者の弟という事で差別されてきた過去がつきまとう。とあるいざこざをきっかけに会社を辞め、夢であったお笑い芸人を目指す。成功し、専務令嬢・中条朝美(吹石一恵)との関係も恋人以上になりかけるのだが...。

まず、原作者は「答えのない問題」だと言っている。本当にそうだろうか?。罪を犯した人間は、犯した罪と同等の罰を受けるべきで、現在の法律では加害者を保護し過ぎている気がしてならない。

かりにも人を殺めた本人や家族ならば、差別されるのは至極当然であると思う。これは作品の中でも朝美の父が「娘に近づくな」と言っているし、直貴の勤める会社の会長が「差別は当然だ」と言いきっている。
全くその通りだと思う。
自分の大切な人が殺されたとしたら? 加害者に人権を認める事が本当に可能か?。私は加害者を絶対に許せない。自分でも少々過激だと思うが、極論を言えば殺人を犯した人間は死をもって償う事すら考えるべきだ。

それなのに、この作品は加害者をややもすると被害者的に描きすぎ、”泣かせるぞ”的要素の強いドラマ仕立てになってしまっているのが残念でならない。絶対許さないと言っておきながら、一方で【手紙】が加害者である兄の”生きる糧”であるなどと、矛盾の多い展開に何が言いたいのか判断つかず困ってしまった。( ̄Д ̄;)

いっそ結論は観客にゆだねればいいのに、無理矢理に家族愛を引っ張り出して”泣きなさい”って脚本にはうんざりする。所詮はドラマ出身の監督なんだなぁ...という所だろうか。┐('~`;)┌

- edit 2006.11.29 -
確かに加害者の家族というだけで一方的に差別される点は同情する余地があると思う。しかし、この作品の致命的な欠点の一つは、直貴の職業設定にあった。もっと役者の力量を信じ、地味に生きていながらも差別を受け苦しむ家族を描くべきだったのに、夢を追いTV出演させてから落とすという安易さ。話としては分かりやすいものの、説得力という点で出鼻をくじかれてしまったのは確かだ。
現代を象徴する匿名掲示板を登場させたのもどうかと思う。手紙というアナログ世界とデジタル世界を対比させたいのかもしれないが、じゃぁパソコンが普及する以前はこんなに差別を受ける事はなかったの?という疑問が生じる。そんなことは無いだろう。このあたりの安易さもドラマ的になってしまった原因だと思う。
役者は気合いがのっていて演技も良かったが、脚本に潰された感じ...。
- end edit -

監督自身が成長物語と言っているあたりで既に終わってしまっている...。一応、加害者を主題にする勇気は評価に値すると思うので★3。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 20, 2006

小説家を見つけたら

『小説家を見つけたら』 をDVDで鑑賞。

あらすじ:
ブロンクスに住む高校生ジャマール・ウォレス(ロブ・ブラウン)。彼の表向きな日常は友達とバスケや平凡な会話だった。それが彼らの生活全てであったから。一方で、ジャマールは密かに作文をしたためている本が好きな少年でもあった。そんな時、仲間との成り行きで、何時もアパートからバスケを見ていた怪しい住民の部屋に忍び込む事になる。その部屋にいたのは、生涯で唯一出版した作品がピューリッツァー賞となった作家ウィリアム・フォレスター(ショーン・コネリー)だった。ひょんな事から彼らは遭遇し、人嫌いのフォレスターはジャマールに文才を見いだすのだが...。

久々にショーン・コネリーのいい映画を見た気がします。知的で、閉鎖的で影を持っており、しかし前を向く事を忘れてはいない伝説的な作家。淀みなく進む展開には隙がなく、中盤である程度 予定調和である事は分かるのですが、それでもキッチリ見せてくれるのです。
何故彼は部屋から出ないのか?。
何故彼は作品を1つしか世に出していないのか?。
何故彼はジャマールを受け入れ助ける気になったのか?。
何故彼はジャマールに全てを託したのか?。

実は、観ていて私の好きな「グッド・ウイル・ハンティング」と似ているなぁ...と思っていたら、終盤に弁護士としてマットデイモンが出てきたではありませんか! ビックリしました。凄い偶然だなぁと...。今見たら監督(ガス・ヴァン・サント)が同じだったんですね。どうりで。ん?。少しはインスパイアされちゃっていたりする?。(;¬_¬)
もしそうだとしても、やっぱりこの作品は映画館で観たかったなぁ...。
★5

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 16, 2006

カーテンコール

カーテンコール』 をDVDで鑑賞。

あらすじ:
福岡のタウン誌を発刊する出版社で“懐かしマイブーム”を担当する事になった香織(伊藤歩)。彼女の最初の仕事は「ある幕間芸人を探して欲しい」というハガキから始まった。いざ取材が始まり、みなと劇場に当時(昭和30年台)から勤める宮部絹代(藤村志保)に芸人の話を聞く。実家を飛び出し東京に出ていた香織だが、取材のため故郷の下関を訪れ、絹代の話を聞き家族愛を感じ、久々に下関に住む父親のもとへ帰ってはみるがやっぱりぎこちなかった。取材を続け、芸人・夏川修平(藤井隆)が立体的になってきて、彼の妻・平川良江(奥貫薫)もモノクロームから次第にカラーへ変わってゆくのだった。

途中から、おや?って感じになってしまうんです。懐かしい時代。映画ブームの衰退と芸人夫婦の愛を描いていて、当時を語る絹代さんも雰囲気良くていい話だなぁ...。としみじみ思いながら見ていたら、どんどん話は複雑になっていってしまう。┐('~`;)┌

修平さん、実は在日韓国人でした...とか、修平と良江の娘がいきなり成人になって出てきて父親を憎んでます!とか、出てきた父親・修平さんはすっかり藤井隆氏の面影も無く別人になってしまっており、でも韓国に住みながら韓国語を話すシーンが無かったりとか...。(;¬_¬)

それでもって、肝心の取材結果はどうなったのか?が分からないってのはどういう事なんでしょう?。確かに香織が奮闘したのは事実ですが、最終的な成果を期待していたところでエンディングには脱力しました。(;¬_¬)

少し詰め込み過ぎたように思います。前半よかっただけに後半の猛ラッシュな展開が残念。おまけで、閉館の日。あの映画で今の時代にあの客層?で喝采?。んむぅ...。
★3

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 13, 2006

逆境ナイン

『逆境ナイン』 をDVDで鑑賞。

あらすじ:
”全力”がモットーの“全力学園”。しかし、一勝も出来ない野球部のキャプテン不屈闘志(玉山鉄二)は校長(藤岡弘)に廃部を告げられる。
全くやる気に無い部員を”あっ”という間にやる気にさせるのだが、不屈の思いと部員の思いは噛み合わない。
そして、マネージャー・月田(堀北真希)や、監督・榊原剛(田中直樹)とも微妙に空回りするのだが、廃部をまぬがれる事は出来るのか?。

これはハッキリ好き嫌いの分かれる作品で、冷静に見ちゃう人とか、突き抜けた笑いを受け入れられない人は楽しめないかもしれません。で、基本的に私は苦手です。(^^;
とはいえ、最初の30分はそれなりに楽しめました。強引な展開もたまにはいいかなぁ~的な感じで見ていたんです。藤岡氏の存在そのものがおかしかったし、超ポジティブ思考な展開もまぁ面白かった。
それでも、やっぱり飽きちゃうんですね。疲れてくる。で、寝てしまいました。(^^;
ファンの方が知ったら激怒かもしれませんが、「それはそれ!これはこれ!」のシーン。この前で寝てしまったので見ていません...。で、エンディング近くに目が覚め、気になって見逃したところを再度見ていて発見しました。

強引な笑いが好きな方にお薦めです。堀北真希さんってどこかで見たよなぁ...と思って見ていたんですが、「ALWAYS 三丁目の夕日」に出ていたんですね。どうりで。
★2

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 11, 2006

狩人と犬、最後の旅

狩人と犬、最後の旅』 を劇場で鑑賞。

Thelasttrapper

あらすじ:
カナダ、ロッキー山脈で最後の狩人(Last Trapper)として暮らすノーマン・ウィンター。信頼する犬を事故で亡くし、冬はマイナス40℃にもなる世界で暮らす事に体力的な限界を感じ引退を考えていた。夏はカヌー、冬は犬ぞりを扱うのは技もそうだが体力も必要である。そんな時、たまたま現金収入を得るために訪れた町で若い犬・アパッシュを引き取る事となり、その結果、彼の気持ちに変化が訪れようとしていた。

実在する本人が主演されており、全くもって完璧です。細かいエピソードは作られたものもあるかもしれませんが、カヌーを操り、馬に乗り、オーロラの存在する空間で犬ぞりを扱う。熊との対峙もスリリングでした。

ストーリーは殆どありません。引退を考えるノーマンを1年間追いかけたドキュメンタリータッチの仕上がりとなっています。それだけに、逆に彼の生活そのものが見え隠れし、自然の中に身をおく厳しさと豊かさ。誇りと嘆きが身にしみます。
本当に息をのむような美しい自然。その犠牲があって...なんて今更です。しかし古き良きものが失われてゆくのを見るのは辛いですね。

個人的に「皇帝ペンギン」と比較するのはナンセンスだと思いますが、あえてどちらが好きか?と問われたら「狩人と犬、最後の旅」かな?。
★4

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 01, 2006

撃鉄2

『撃鉄2』 をDVDで鑑賞。

あらすじ:
過激派グループに潜入するエージェントのジョナサン・コールド(スティーヴン・セガール)。彼の存在はCIAのなかでも4人しか知らないという超シークレット的な存在で、皆は死亡していたと思っている。武器商人グループに潜入するが、彼らはアメリカ(CIA)に復讐すべく核爆弾を入手しようとするテログループ(首謀者:ニコライ)と接触していた。かくしてコールドはニコライの陰謀も阻止すべく動き出すことになるが、真の首謀者は...。

ついにセガールアクションが失われてしまいました。ガンアクションシーンやカーチェイスはまぁ見れますが、格闘シーンは顔が映っていないんですよ。┐('~`;)┌
ぶくぶくに太ってしまったセガールとは明らかに違う体格の代役。しかも顔が隠れているアクションシーンってハッキリ言って不気味です。

で、アクションシーンが普通なので、色々とストーリー的に工夫しているっぽいんですが、いかんせん関係がつかみにくいし、行動の意味が理解しずらい。(ってか分からない)しかも無謀。
・計画的強盗なのに、素顔を曝し指紋もバッチリ残すのってどうなの?
・弟がしきっている武器売買組織に潜入すればよいのに、わざわざ兄を脱獄させ信頼を得る必要性が理解不能
・カーチェイスで、あえて一般車両にぶつかり被害を増やす目的は?
・CIA幹部?とテログループの裏関係が分かりにくい
プルトニウムの扱いが雑過ぎ(被爆してないのか?)
・ビルからヘリで5分行った海中で核爆発?いいのかそれで?

途中で寝てしまいました。「沈黙の傭兵」という作品が来月公開?みたいですが、これが卒業作品にならない事を少しだけ祈っています。
★1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2006 | Main | December 2006 »