« 逃亡者 木島丈一郎 | Main | 撃鉄2 »

October 30, 2006

弁護士 灰島秀樹

弁護士 灰島秀樹』 をTVで鑑賞。

踊る大捜査線のスピンオフ企画である「踊るレジェンドムービー

あらすじ:
室井慎次を追い詰めた被害者側弁護士の灰島(八嶋智人)。東京湾海洋博覧会の開催を計画する国と、地元で自然保護を訴える住民団体が争う中、同じ場所にテーマパーク建設を目論む企業(Wonder Codec)があった。地元住民の代表・芦川淑子(石田ゆり子)に母の姿をだぶらせる一方で、東京湾海洋博覧会を中止させテーマパークを建設出来れば1億円の報酬を得られるという話があった。その時、灰島は誰を弁護し、笑った人間は誰だったのか?。

ゲーム好きで切れ者の灰島は健在。また、幼少の思いでがフラッシュバックし、弁護士になった経緯や、手段を選ばず勝利に突き進む背景が明らかとなる。

少し人間っぽい灰島を見ることが出来たのは収穫で、機械的だった灰島が普通の人になったかな?と思わせる展開。最後に”情”を取るか、”金”をとったのか?。どちらを弁護したのか?。という安心した展開。(^^;

もはや「踊る」シリーズとしては沖田仁美警視正(真矢みき)がちらっと出演するだけで、殆ど別な物語りとなっています。でも、それが良かったのかもしれないなぁ。変に縛られてしまうよりは面白いドラマになっていたと思います。あくまでドラマとしてですけど、灰島がとった最後の落ちも納得できるものでしたし、まぁそれが現実にあったエピソードをぱくったものだとしてもドラマなら許してあげましょう。

それにしても、灰島はキャッチボール下手だなぁ。砲丸投げみたいでしたよ。(´ー`)┌
★3

|

« 逃亡者 木島丈一郎 | Main | 撃鉄2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/12487803

Listed below are links to weblogs that reference 弁護士 灰島秀樹:

» 「弁護士 灰島秀樹」 土曜プレミアム 踊るレジェンドスペシャルプロジェクト [よくテレビを見る]
「踊る」っぽさを残しながらも、「踊る」らしさを感じさせない作品でした。 まさに、スピンオフのスピンオフって感じでした(笑) 見ていて感じ取れた「踊る」っぽさというのは、 「天才人間の天才的な思考回路」、 そして感じられなかったのは「所轄っぽい泥臭さ」です。 それにしても、灰島弁護士が持っている携帯ゲーム機 「アルファフラップ2」に付いていたキーホルダー・・・ 気になります... [Read More]

Tracked on November 02, 2006 at 06:05 PM

« 逃亡者 木島丈一郎 | Main | 撃鉄2 »