« トスカーナの休日 | Main | プルートで朝食を »

September 16, 2006

スーパーマン リターンズ

スーパーマン リターンズ』 を劇場で鑑賞。

Supermanreturns

あらすじ:
産まれ故郷を探しに5年間地球を離れていたスーパーマン/カル=エル(ブランドン・ラウス)が帰ってきた。あのクラークケントが。「世界はスーパーマンが必要か?」かつての恋人ロイス・レイン(ケイト・ボスワース)はそんな著書でピューリッツァ賞を受賞していた。そして、5年の間に宿敵レックス・ルーサー(ケビン・スペイシー)が刑務所から出ていた。レックスの陰謀に苦しむスーパーマンだが...。

スターウォーズと同じなんです。ジョン・ウィリアムズが手がけたテーマソングが鳴って...キター!!!ってね。もうそれだけでごちそうさまって感じ。懐かしいなぁ。

新ヒーローは確かにクリストファー・リーブ氏に似た雰囲気をもった主人公ですね。そして悪役ケビン・スペイシーもいい。しかも思い切って髪の毛を剃ってスキンヘッドにしてましたが、なかなか似合ってましたよ。(Λ。Λ)

スーパーマンといいながらも弱点があるわけで、そこは皆の力も借りて解決してゆく。そういう完全無欠じゃない所もあり、でも超人的な存在で皆のヒーロー。ロイスにとっても...。ワンパターンな展開なんですがそれでもいいよねって思えるのが不思議なんだな。

息子がいたんですか?それはチョット驚きです。続編があるぞ!って宣言したようなものですね。帰ってきたぞスーパーマン!。
少しおまけして★4

|

« トスカーナの休日 | Main | プルートで朝食を »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/11921836

Listed below are links to weblogs that reference スーパーマン リターンズ:

« トスカーナの休日 | Main | プルートで朝食を »