« 火火 | Main | 私の頭の中の消しゴム »

August 25, 2006

RENT

RENT』 を劇場で鑑賞。

Rent

あらすじ:
1989年12月24日、クリスマスイブのイースト・ヴィレッジ(ニューヨーク)。
古いロフトの一室に住むロジャーとマークは滞納している家賃を払う当てもなく、しまいに電気・暖房もとめられる始末。ロジャーはHIVに感染しており、発症前に永遠に残る曲を書きたいとギターに魂を注いでいるが簡単ではない。マークはモーリーンにふられたばかりで、モーリーンの相手はジョアンヌ(女性)。旧友コリンズがロフトに戻るが、強盗に襲われストリートライブをしていたエンジェルに助けられる。2人はHIV感染者だった。家賃(RENT)も払えない若き芸術家達のもとに元同居人のベニーが現れ、ロフトに居たければモーリーンの抗議ライブを中止させるよう迫る。結局抗議ライブは始まり、一人ロフトに残ったロジャーの元に階下に住むミミがやってくるのだった。
1年後のクリスマスイブ。ロフトに再び集まるのだが...。

原作は1996年4月にブロードウェイで公開されたジョナサン・ラーソンの「RENT」。トニー賞のみならず、ピューリッツァー賞も受賞している名作である。これをクリス・コロンバスが監督として2005年に映画化した。

まず、最初に書いておくと★5。
完全に私のツボにはまった。ココのところ国内作品が圧倒していたからなんか嬉しい。

HIV感染者、ドラッグ中毒者、レズ、ゲイと凄まじい設定だが、これが80年代末期のニューヨークでおきていた事は真実なのだろうと思うし、その中で何が生まれ何が無くなってゆき何が大切なのか?を知ることが大切なこと。死の恐怖にさらされながらも、「今」を生きる事を選んだ若者達。

映画の冒頭、観客のいないステージで8人がアカペラで「Seasons of Love」を熱唱する。”Five hundred twenty-five thousand six hundred minutes. ”で始まり、”Measure your life in love.”で終わるこの曲。本当に鳥肌がたった。1年という時間を愛で計るということがどういう事なのか?。既にサントラは注文してある。この頭から離れない歌を車の中で熱唱してみるのもいいかもしれないと思った。

[ オリジナルキャスト ]
・ロジャー(アダム・パスカル):ミュージシャン
・マーク(アンソニー・ラップ):ドキュメンタリー映像作家
・コリンズ(ジェシー・L・マーティン):哲学教授
・エンジェル(ウィルソン・ジェレマイン・ヘレディア):ストリートドラマー
・モーリーン(イディナ・メンゼル):パフォーマンスアーティスト
・ベニー(テイ・ディグズ):元仲間で現在はロフトの大家

[映画版キャスト]
・ミミ(ロザリオ・ドーソン):ダンサー
・ジョアンヌ(トレイシー・トムス):弁護士

ミミとジョアンヌもオリジナルキャストに負けず奮闘しており、オリジナル(ミュージカル)を知らない私からすると殆ど区別はつかない。

アメリカの80年代と今では状況は変わっているだろうが、それでも映画化した意味はあったと思う。それは、表面的に見た時には若者達への刺激になるかもしれないと思うし、内面的には「今日を精一杯生きる」という永遠に不滅のメッセージをロック的に体感する事が出来るだろうから。ひとたび日本という地で考えた場合にどうなんだろう?と思ったら、どうやら今の日本は80年代のアメリカに似てきている気がしなくもない。(但し情熱面は?であり表面的な所だけではあるのだが...)

改めて★5。

|

« 火火 | Main | 私の頭の中の消しゴム »

Comments

Thanks for sharing such a nice opinion, piece of writing is nice, thats why i have read it entirely

Posted by: blogs.uab.cat | September 03, 2014 at 01:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/11600838

Listed below are links to weblogs that reference RENT:

» 名取香り [瞬★旬!キーワード〜このヒトだあれ?]
 メルマガ487号「五大道(8)」のつづきです。  馬車道102号にある建物はイタリー連列式で、ここはかつて近代史上著名な実業家である李燭塵(lizhuche)の旧居です。 R&Bシンガー。 東京都出身の23歳。 名取香りが都内で衝撃の“デビュー”を飾った。 映画「LOFT ロフト」のイメージ曲「Stay」の発売を記念した初の単独ライブを行った名取香りは、前後Tバック状態の超エロ衣装で登場。 ... [Read More]

Tracked on September 21, 2006 at 10:29 PM

« 火火 | Main | 私の頭の中の消しゴム »