« 夢駆ける馬ドリーマー | Main | 誰? - WHO AM I? »

June 23, 2006

インサイド・マン

インサイド・マン』 を劇場で鑑賞。

Insideman

あらすじ:
銀行強盗発生。犯人は約50人の人質を取って立てこもり、警察との息詰まる心理戦となる。進展のないまま刻々と過ぎてゆく時間。完全犯罪を予告する冷静沈着な犯人の真の狙いとは?。

クライム・ムービー(犯罪映画)って言うんだそうです。
クライム・ムービーというと、個人的には「ユージュアル・サスペクツ」が好きですね。

主な登場人物:
ダルトン・ラッセル:クライヴ・オーウェン(主犯)
キース・フレイジャー:デンゼル・ワシントン(NY市警刑事/交渉人)
ジョン・ダリウス:ウィレム・デフォー(NY市警警部)
アーサー・ケイス:クリストファー・プラマー(マンハッタン信託銀行の取締役会長)
マデリーン・ホワイト:ジョディ・フォスター(凄腕弁護士)

4人組の銀行強盗で主犯はラッセル。そこに交渉人・フレイジャー刑事が登場します。既に作戦指令室(改造バス)を設置し指揮をとっているのはNY市警のダリウス警部です。そして強盗のあった銀行の会長であるケイスに一報が入り、彼は只ならぬ狼狽ぶりを見せ、銀行に隠された彼の秘密を守るために1人の弁護士・ホワイトを呼びます。これで役者がそろいました。

犯人は人質全員をジャンプスーツに着替えさせ、マスクとサングラスをさせます。これはなかなかうまい作戦ですね。犯人と人質の区別がつかなくなります。こうすれば携帯機器等を隠し持たれる可能性も無くなります。なにより完全犯罪がおきそうな雰囲気が出来上がりました。

そして、犯人-警察-弁護士の駆け引きが始まるわけですが、犯人の目的がなかなか分かりません。というのも、何かを盗むんだろうけれど、金品を盗んだ!って気配がないし、しかも即行で逃げる雰囲気がないんです。
で、途中で断片的に挿入される犯行後の取り調べシーン。ラッセルの完全犯罪予告のシーン。”目に見えるものだけ”を信用すると騙されるって言ってもですねぇ...。
とか困っていると既に終盤で、犯人がどうやって逃げたのか?が明らかになるわけです。ってか4人全員逃げました。まぁ盗んだものも一応分かりました。いやいや良かった良かった。(^^;

役者も良かったですよね。デンゼル・ワシントンの絶妙な抜けっぷりや、クライヴ・オーウェンが演じた基本的に覆面の犯人。ジョディ・フォスターのインテリ加減も絶妙でした。クリストファー・プラマーの何処か影を持った雰囲気は照明効果もあってかバッチリです。そういうわけで、まぁ面白かったかな?と思いながら帰ってきました。

が!ですね...幾つか気になる点があったんで一所懸命考えてみたんですね。そうするとだんだんと見えなかった粗が見えてきちゃったわけです。

まず、これだけのジャンプスーツを4人で持ち込んだの?。だって、犯行時、銀行に何人いるかなんて分からないでしょう?。たまたま50人だったからよかったけど、1000人いたらどうするつもりだったんでしょう?。即完全犯罪は完全に失敗するわけですよね?。(^^;

床に穴を掘りましたね。あれがなんだかずっと気になっていました。で、今でも分かりません。(^^; でもかなり頑張って掘っていたんですよ。

多分に穴は完全犯罪のための補助的な衛生装置だったんだと推測したりしますが、完全犯罪が成立するには時間経過が重要です。が、その時間が無視された作りになっているような気がしますね。もし警察がもっともっとあきらめず捜査を続けていたら?例えば3ヶ月頑張ったら完全犯罪は成立したんでしょうか?。きっと相棒3名はリーダーのすっぽかしを食らうと思いますよ。衣食住の衣は耐えられても、住と、食はねぇ...。

やけに銀行の内部構造に詳しいですよね?。間取りを知っているような雰囲気や、あっさり金庫室の中に入っていたり、貸し金庫を開けてみたり。おっとっと、ちょっと待って下さいよ。犯人はあっさりターゲットの貸し金庫を開けましたね。ってかその番号が秘密の金庫だとよく分かりましたね?。その前に、ケイスの秘密を何故ラッセルは知っていたのでしょうか?。少なくとも職員はラッセルを知らないんですよ。内部の犯行では無いですよね?。じゃぁどういう関係っすか?。そこ重要っぽくありませんか?。

何も盗まれていないから犯罪そのものを無かった事にしよう!って凄い事をいいますよねフレイジャーの上司は。まぁそれは寛大な心で見逃すとして、犯人を特定出来ないってのはどうなんでしょうか?。少なくとも犯行前のビデオカメラに無罪の人達が映っていたわけですよね?ね?。ならば約50人の容疑者をどんどん消去していけばいいのでは?。あえて3人が捕まり嘘の供述をする事で犯人を特定させないという発想は有だと思いますが、やっぱり怪しいこと言うやつはいるだろうし、何より人間関係的に犯人同士つながるのでは?。そういう努力をしましょうよ。(^^;

余談ですが、子供がPSPに似たハードでゲームをしています。
もの凄く残虐なゲームです。思わず犯人も目を背けるほど酷いんです。どうなんでしょうねぇそれ?。

偶然に完成した完全犯罪には★3です。
最初は不覚にも面白く感じましたから、減点してまぁこんなものかと。

|

« 夢駆ける馬ドリーマー | Main | 誰? - WHO AM I? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/10650960

Listed below are links to weblogs that reference インサイド・マン:

« 夢駆ける馬ドリーマー | Main | 誰? - WHO AM I? »