« 陰日向に咲く | Main | ダ・ヴィンチ・コード »

May 31, 2006

国家の品格

『国家の品格』を読みました。

売れているという事で流行りにのって買ってみました。
まぁ評価に関しては賛否両論あるようですが、私はグレーです。(^^;

本作ですが、全体のボリュームも控えめで、内容もシンプル。
現在の欧米は悪であり、昔の日本に戻ればそんな世界を救う事すら可能だ!というもの。
戦争だって起こらない!とまで...まぁ大風呂敷を広げたわけです。
そして、昔の日本とは何か?。
それは「情緒と形」を持っていたと。
その「情緒や形」とはどういったものか?。
また、悪の根源と定義した「市場経済に代表される論理と合理」とは?。
この論理を否定する氏の考え方が、「破綻している」とか「極端過ぎる」という事で反発される方がおられるようです。

反対される方が考える『国家の品格』とはどういうものかを知りたかったのですが、残念ながら探し出すことができませんでした。現在の「市場経済」に満足しているってことかなぁ?。そういう方は、氏に言わせれば「片足けんけんがうまい人」が ”何か言ってる”ってことになるんでしょうか?。(^^;

さて、私はグレーなんですが、とりあえず昔の日本が理想的とは思いません。自然だけでは駄目、文明との共存が必須でしょう。今更捨てられないものが沢山あります。
昔の日本だって国内で散々戦ってきた歴史があり、差別や貧困の差だってあったわけですから理想郷ではない。
当たり前ですが、「論理」や「情緒や形」のおいしいところだけ頂くのが理想的です。
思うに、美しくゆとりのある環境は人を豊かにし、人が国家を作るのだから結果として品格のある国家になるのではないかという事で、この「ゆとりのある環境」が無くなってきているのが問題なんですね。
その原因はアメリカに影響され過ぎているという警告。そういうことを氏は言いたかったんだと思いますが、ちょっと直球過ぎましたね。(^^;

国家とかじゃなく、会社とか家庭レベルで考えても同じことが言えると思いました。金がないと豊ではないと錯覚しそうな現在は変わるべきです。そういう尺度だけで豊かさを計るべきではない。
以前にも何処かのエントリで書きましたが、そのためにはまずアメリカから独立すべきと思います。
その影響はもの凄く大きいと思いますが、このままでは結局のところ食いつぶされ、吸いとる物が無くなったら捨てられてしまうという恐怖を隠すためにせっせとお金を出し続けることになって、その代償は我々庶民の生活に返ってくる。
自然と論理を同時に愛せない国家では駄目で、論理よりになってきた日本はそろそろ変化が必要な時期だと思います。もちろん、そういう背景があるからこそ本書が話題になっていると想像します。

そして、これも以前のエントリで書きましたが、マスメディアをうまく使うことを覚える必要があります。氏も指摘していますが、現在の日本はマスコミの存在があまりに大きすぎます。そして、そのマスコミはいい加減です。
アメリカから独立とか書きましたが、まずはマスコミからでしょうかね?。そうやって徐々に変えてゆくしか無いんだろうなぁ...。

[ 書庫データ ]
国家の品格
著 :藤原 正彦
訳 -
新潮新書 \680 ?版 191p ISBN4-10-610141-6

Kokkanohinnkaku_1

|

« 陰日向に咲く | Main | ダ・ヴィンチ・コード »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/10330037

Listed below are links to weblogs that reference 国家の品格:

» 国家の品格 [Shoulder.jp]
[Read More]

Tracked on June 01, 2006 at 03:28 PM

« 陰日向に咲く | Main | ダ・ヴィンチ・コード »