« 海を飛ぶ夢 | Main | かもめ食堂 »

April 01, 2006

NANA

NANA』 をDVDで鑑賞。

《原作》矢沢あいの「NANA」を映画化したもので、映画は原作の途中までのようです。

恋に恋する小松奈々(宮崎あおい)と、ボーカリストとして上京した大崎ナナ(中島実嘉)の友情物語り?。とにかく何かにつけ"ナナ"が出てくる。名前、部屋番号。ん?それだけか...。δ(⌒~⌒ι)

ストーリーとしては比較的シンプルで、奈々(通称ハチ)が失恋し、ナナの生きざまをエネルギーに立ち上がってゆく。犬キャラ。
一方ナナの方は、一見怖いお姉さん的な無表情な感じだが、実は過去の恋愛をずっと引きずっていて、エンディングに向かって急展開してゆく。猫キャラ。

それで?。

いやぁ、微妙...。お互いに支え合うというのは美しいことで、実は見た目と実際のギャップという点では原作の良さが出ているんだと思うんですが、どうも映画の中のナナ&ハチは、重すぎ&軽すぎというより暗すぎ&明るすぎという感じで、薄っぺらいんですね~。
コミックは売れてるわけでしょ?ってことは...、きっとキャスティングを失敗したんじゃないかな?。ってか役にあってるかどうかの前に演技上手い!って人はいないし...。ノブ役の成宮寛貴が唯一いけるかな?と期待したんだけど、どうも彼の実力がでていなかったような気がしますね。
原作が凄すぎて縛られてしまったのかな?。(;¬_¬)

あと、女性って普通に腕組んだり手つないだりするけど、キスはいきすぎでは...。原作知らないけど、あまりに唐突過ぎてビックリ。キスに至る心理が全く分からないです。

しかし、歌はいい。
BLACK STONESとして中島実嘉が歌う"GLAMOROUS SKY"が「動」だとすれば、TRAPNESTとして伊藤由奈が歌う"ENDLESS STORY"が「静」ですね。これはサントラ買ってもいいぞ!と思いました。デモテープで歌うナナを見たハチは不思議な呪文にかけられていると表現しましたが、それはともかくとして、とにかく耳から離れません。

物語りは今一つパッとしませんでしたが歌で挽回して★3。

という訳で、続編も可能性はあるようですが、次もDVDでゆきます。

|

« 海を飛ぶ夢 | Main | かもめ食堂 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/9371565

Listed below are links to weblogs that reference NANA:

» 伊藤由奈ちゃんの新着情報! [伊藤由奈]
大盛況のうちに幕を閉じたTokyo Girls Collection! [Read More]

Tracked on April 03, 2006 at 02:01 AM

« 海を飛ぶ夢 | Main | かもめ食堂 »