« 単騎、千里を走る。 | Main | シムソンズ »

February 24, 2006

容疑者Xの献身

『容疑者Xの献身』 を読みました。

まず最初に、私はそれなりに楽しめました。すいすい読めます。
ミステリーは苦手ですが、謎の部分云々をなされるがままに読んでいても問題無かったです。
これは構成がシンプルで、人物描写部分でフォローされていたからだと思いました。

しかし一方で、何が心に残ったか?となると困ってしまいます。
楽しめたんですが、恐らくは後日「それなりに面白かったよねぇ~」とは言えても、具体的に何が印象的だったか説明できそうな気がしません。
これは娯楽作品であり、そういうものなんだ!と割りきるしかないのかな?私の能力不足なんでしょうけど悲しい...。
そもそもミステリー小説の楽しみ方を知らない私に問題があるんでしょうけどね。

登場人物を紹介します。
・石神哲哉:数学教師で、だるまの天才と呼ばれたエルデシュ信者。
・花岡靖子:弁当屋「べんてん亭」で働き、一人娘(美里)を養うバツイチの母親。
・草薙 :帝都大出身の刑事で、警察組織の中であえぐ。
・湯川学 :帝都大学物理学科の助教授で、石神の旧友にして草薙の駆け込み寺。
・富樫真二:殺害された靖子の別れた元旦那。

靖子が富樫を殺害し、石神がかばい、草薙が捜査し、湯川が助言する。
まぁそういう事です。(^^;
天才・石神は靖子に惚れていて、湯川に天才と言わしめた頭脳を駆使し靖子親子を守るっていうストーリー。
草薙は翻弄されちゃうわけですが、もう一人の天才・湯川の登場で石神の方程式(完璧な論理、完璧な防御)が崩れてゆく。
しかし、湯川の登場は石神にとって想定外ではあったものの、それでも勝てる勝負のハズだった。
ハズだったんだけれど負けてしまうわけです。
完璧な方程式が、たった一つの外乱により破綻するエンディングは微妙です。

キーワードは「思い込み」「歯車」でしょうか。

[ 書庫データ ]
容疑者Xの献身
著 東野 圭吾
訳 -
文藝春秋 \1,680 版 352p ISBN4-16-323860-3

yougisha-x

|

« 単騎、千里を走る。 | Main | シムソンズ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/8815617

Listed below are links to weblogs that reference 容疑者Xの献身:

» 容疑者xの献身 ["YOU" THFUL DAYS]
  “容疑者xの献身”      とりあえず、一言! 「あなた天才!」 ヽ(  ̄ [Read More]

Tracked on February 28, 2006 at 01:11 PM

« 単騎、千里を走る。 | Main | シムソンズ »