« 容疑者Xの献身 | Main | パスワード »

February 27, 2006

シムソンズ

シムソンズ』を劇場で鑑賞。

simsons

長野冬季オリンピック(1998年)で正式種目となったカーリング
4年後の2002年ソルトレーク冬季オリンピックに出場したチーム・シムソンズ誕生の軌跡です。
シムソンズメンバーのうち2名は、チーム青森として2006年のトリノ冬季オリンピックにも出場されました。
結果は10ヶ国中7位。
試合後に見せた小野寺選手の涙は記憶に新しいです。

北海道・常呂町に住む女子高生・伊藤和子(加藤ローサ)は、「ホタテと遺跡とカーリングの町」でなんとなく一生を終えそうな将来の自分に漠然とした不安を感じながらも退屈な日々をおくっていました。
そんな時、喫茶店「しゃベりたい」でカーリングのポスターにマイヒーロー・加藤真人(田中圭)を見つけひとしきり盛り上がります。
加藤は長野五輪に出場した常呂町の英雄。そんな加藤に偶然カーリングチームをつくらないか?と誘われ、強引な和子は幼なじみの林田史江(星井七瀬)を誘い、史江が農場の娘・小野菜摘(高橋真唯)に目をつける。残る1名はカーリング経験者であり勝負に厳しいために仲間が出来ない尾中美希(藤井美菜)だった。この4名でシムソンズ結成!。
ちなみに本当はシンプソンズとしたかったらしいが、"p"を忘れるあたりが和子らしく微笑ましい。

小学生にも勝てず一度は空中分解したシムソンズでしたが紆余曲折あり見事に復活。
スポーツではあるけれど、一試合2.5時間かけてタイマン勝負する頭脳戦。
そのため、作品も根性丸だし!という展開ではなく、どちらかというとカーリングチーム結成~大会出場を通して芽生える友情物語りであり、熱くも微笑ましいハートウォーミングなストーリー。

コーチ役の大宮平太(大泉洋)の存在も大きい。常呂町の元カーリング代表選手で、反則を自己申告したために勝負に敗れ仲間からは疫病神的扱いをうけている。
普段の平太は子供がいるのに六本木で合コン!みたいな軽さだが、芯は熱く、そのギャップが面白い。
そんな平太を、元コーチで伝説のカーラー・石神保(夏八木勲)は「常呂町の誇り」と言いきる。これまた熱い。
シムソンズを取材する地元記者も熱い。

はちゃめちゃで、思いっきりカーリングを楽しんできたチーム・シムソンズと、勝利に執着し事務的にさえ感じるチームが決勝で激突。
結果はまぁそれとして、初試合の直前、円陣を組み「ハウスの向こうに未来がある!」と言った平太の言葉通り、ソルトレークでシムソンズは世界ヘ。

冬、静かに長時間勝負するカーリングという競技。
そんな競技を題材とした作品で、へたをすると説教じみた仕上がりになりがちであるけど、加藤ローサさんや大泉洋さんのキャラと、小さな笑いネタが見事にバランスされ仕上がっていてよかったです。
全般的にキャスティングがバッチリはまっていて、軽さと熱さが共存していましたね。

欲を言えば、決勝戦の後、相手チームのリーダーがシンソンズを讃えるシーンは不要だったかもしれない。
突然の展開に少し驚き、ショックでした。
全てをハッピーエンドに描く必要は無くとも観る側の心の中で各々解釈すればよかったんじゃないかな?。

満点とはいかないけれど、この寒い時期にホッと心温まる映画だったと思います。
★4

|

« 容疑者Xの献身 | Main | パスワード »

Comments

My brother recommended I might like this website. He was totally right. This post truly made my day. You cann't imagine just how much time I had spent for this info! Thanks!

Posted by: Colliers anti aboiements | September 21, 2014 at 06:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/8859804

Listed below are links to weblogs that reference シムソンズ:

» 「うぃー、あー、シムソンズ!!」/シムソンズ [ひとりぼっちの映画館]
見ました!映画「シムソンズ」! はっきりいって、おもしろい! 私、けっこうじーんときてしまいました。 JUDY AND MARYの音楽がマッチしてて、 爽やかな感動に包まれます。 私、この手の青春映画好きなんですよね。 シムソンズ公式サイトへ ほんとオリンピックをみてカー..... [Read More]

Tracked on February 27, 2006 at 06:38 PM

« 容疑者Xの献身 | Main | パスワード »