« 博士の愛した数式 | Main | ジャンボ旅客機99の謎 »

January 18, 2006

イン・ザ・プール

『イン・ザ・プール』 を観ました。

監督は『亀は意外と速く泳ぐ』の三木聡。
期待して鑑賞させて頂きました。

精神科医の伊良部一郎(松尾スズキ)と、看護師まゆみ(MAIKO)。
病院の地下にあるその精神科は、怪しい照明の奥に小さな入口で患者を手招きしていました。
やけにテンションの高い伊良部と、冷めてきっているまゆみ。そんな精神科に営業マン・田口哲也(オダギリジョー)とルポライター・岩村涼美(市川 実和子)がきます。

いや分かるんですけど、でも無理矢理笑わせよう!って発想が嫌。
『亀~』の時みたいな笑いを期待していました。
勢いと下ネタってなんにも残らないんですよね~マジで。
"あずきパンダちゃ~ん"はまだ耳に残っています。
塀ごしに監視しているシーンも鮮明に覚えています。
そういうの期待していたんだけどなぁ...。がっかり。

プール依存症の大森和雄(田辺誠一)は精神科にかかる事も無く中途半端な印象でした。彼の登場は必要だったのでしょうか?。ちっとも笑えないし、最後、無理矢理プールに飛び込みましたが、そんなの通常営業しているプールに行けばいいじゃん。 ┐('~`;)┌
唯一、編集長(ふせ えり)とライター・岩村が焼肉屋で交わす会話が笑えましたかね。
それくらいかな。

それぞれ心の病を持つ人達が最終的にパッピーエンドで終わるのは良かったと思いますが、やっぱり何も残らない笑えない娯楽作品にはせいぜい★2くらいでしょうか。

|

« 博士の愛した数式 | Main | ジャンボ旅客機99の謎 »

Comments

Hello there, You've done an excellent job. I will certainly digg it and personally recommend to my friends. I'm confident they'll be benefited from this site.

Posted by: best booter | February 07, 2015 at 03:55 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/8215846

Listed below are links to weblogs that reference イン・ザ・プール:

« 博士の愛した数式 | Main | ジャンボ旅客機99の謎 »