« Shall We ダンス? | Main | 男たちの大和/YAMATO »

January 02, 2006

FLY,DADDY,FLY

『FLY,DADDY,FLY』 を観ました。

平凡なサラリーマン鈴木(堤真一)が、娘に怪我を負わせた国会議員の息子(須藤元気)に復讐を誓う。
ありがちなストーリーと言えばそうです。
土壇場で娘より自分を優先してしまい逃げてしまった鈴木が、不良高校生・朴(岡田准一)に戦い方(戦う心)を学ぶのだけれど、シリアス一辺倒だけではなく、ちゃんと緩んだシーンも配置されていて、作品のバランス考えてるなぁと...。

逃げてしまった鈴木だが、きっと自分も同じかも...って思った。
俺も目の前の恐怖から逃げようとするに違いない。
そんな所から立ち上がってゆく鈴木の頑張り話は"作り話"っぽい雰囲気がムンムンするわけですが、あまりにも潔く反復されるのでついには受け入れてしまいました。
娘を思う父親の想いは重いのね...みたいな。

朴は過去のキズを背負いココまで1人で生きてきました。(母親はいるが登場しない)
そんな朴の過去からくる雰囲気は単にぶっきらぼうというだけではない切なさがいい感じで、岡田君は適役だったか なりきっていますね。
最後の最後、朴が始めて自分をゆだねていいと思った鈴木は美しく、特訓後半に見せた朴の舞は不思議でした。
"飛ぶ"がちょっと無理矢理っぽかったのと、決闘シーンのあっけなさが少し残念です。
普通なら★3ですが、潔さを買えば★4

|

« Shall We ダンス? | Main | 男たちの大和/YAMATO »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/7964106

Listed below are links to weblogs that reference FLY,DADDY,FLY:

« Shall We ダンス? | Main | 男たちの大和/YAMATO »