« セルラー | Main | ヴィレッジ »

November 20, 2005

ALWAYS 三丁目の夕日

ALWAYS 三丁目の夕日』 を観ました。

always3choume

昭和33年。東京タワー建設の真っただ中。
自動車修理の町工場・鈴木オート。父・則文(堤真一)、母・トモエ(薬師丸ひろ子)、息子・一平(小泉水一揮)に、集団就職で上京してきた星野六子(堀北真希)。
その向かいに住むのは駄菓子屋で一流作家を目指す茶川竜之介(吉岡秀隆)と、飲んだ勢いで預かった少年・淳之介に、少年を半分押しつけた感じの飲み屋を営むヒロミ(小雪)。

この作品には全てがあるかも知れない。
そのくらい笑ったし感心したし感動した。

狭い範囲(三丁目)の短い期間という話ではあるけれども、豪快で家族思いの則文と竜之介の距離感が面白い。何気ない仕草で思わず和んでしまう。
勘違いした則文が六子と一悶着おこす場面もサイコーでした。
お菓子を腐らせたトモエや、それをあえて食べて食中毒になった六子もサイコー。
たばこ屋のオバチャンがやけに時代の先端をはしっていたのもサイコー。

そういえばあまりにも自然に東京タワーが出来上がってゆく。あくまでも主張せずに。そこはリターナーも手がけた山崎貴監督だな~と思った。

白黒TVがきた日!捨てられた旧型冷蔵庫を見る氷屋!サンタクロースと万年筆!指輪の箱!母から六子への手紙!完成し夕日に輝く東京タワー。もういくら書いてもきりがない...。(*´д`*)
いい。とってもいい。

時代は変わり景色も変わってしまいました。
東京タワーに登っても感動しないし、TVが映るのは当たり前。
これからも今では想像もつかない、淳之介の絵のようになってゆくかもしれないですよね?。娯楽は時代の都合でどんどん変わってゆくでしょうきっと。
それでも、家族を含め仲間を大切にする気持ちは変わってはいけないハズ。
そういうチョット自分らしからぬ事を考える機会を与えてくれた貴重な作品でした。

原作が良いからかも知れないけれど、完成度の高い作品という印象をもちました。
まだ今年は1ヶ月とチョットありますが、今年のNo1かもしれません。サマータイムマシーンブルースといい勝負です。★は文句無し5!
ってか、邦画をこれだけ沢山観たのは今年が初めてですが、洋画に比べ本当に当たりが多いですね。

- edit 2005.11.24 -
漫画、映画化特別編を買いました。
どちらがどうとかいうレベルでは無いような気がします。

always3choume-book

- edit 2006.03.04 -
昨夜、第29回日本アカデミー賞の授賞式がありました。
圧倒的であり、個人BestでもNo1に選出した本作。嬉しい限りです。
・最優秀作品賞
・監督賞=山崎貴
・脚本賞=山崎貴・古沢良太
・主演男優賞=吉岡秀隆
・助演男優賞=堤真一
・助演女優賞=薬師丸ひろ子
・音楽賞=佐藤直紀
・撮影賞=柴崎幸三
・照明賞=水野研一
・美術賞=上條安里
・録音賞=鶴巻仁
・編集賞=宮島竜治
主演女優賞は「北の零年」の吉永小百合さんでした。小雪さん残念。

|

« セルラー | Main | ヴィレッジ »

Comments

はじめまして。
日本でもこれだけの上質なファンタジーが
作れるんだと感心しました。

こうしてみなさんのブログで感想を読むと余計に
自分の中の感動が増幅されてきます。
TBさせていただきました。

Posted by: 傷だらけの天使 | November 21, 2005 at 12:20 AM

TBありがとうございました。
本当に素晴らしい映画で、監督がリターナーと同じ方と知り少し納得したしだいです。
ストーリーや役者の見せ方が抜群にうまいですよね。
早くも同監督の次回作に期待している一人です。

Posted by: choco-ice | November 21, 2005 at 10:47 AM

hi!,I like your writting very a lot! percentage we be in contact more about your article on AOL? I require an expert on this area to solve myy problem. Maaybe that is you! Takking a lolok ahead to look you.

Posted by: Gilberto | November 05, 2014 at 03:42 PM

I am really happy to read this weblog posts which consists of tons of helpful data, thanks for providing such data.

Posted by: https://storify.com/fletchernf714/iphone-4s-case-that-speak-of-style | May 28, 2015 at 01:14 AM

Great blog here! Also your site loads up fast! What web host are you using? Can I get your affiliate link to your host? I wish my site loaded up as quickly as yours lol

Posted by: Zita | July 13, 2015 at 06:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/7236447

Listed below are links to weblogs that reference ALWAYS 三丁目の夕日:

» 涙で夕日が・・・ [ON THE ROAD]
    うっ! ピンポイントで心の奥の一番柔らかい場所に突き刺さる! ん? 暗闇のあちこちから鼻をすする音。 おぉっ! オレだけじゃない!みんなそうなんだ。 そう思ったら、よけいに涙があふれてくる。 絶対いいっす !! ALWAYS 三丁目の夕日 このマンガが実写の映画になると聞いたとき、 原作のイメージが壊れないかと心配だった。 しかし、 映画は、マンガとはまた違った極上の『�... [Read More]

Tracked on November 21, 2005 at 12:15 AM

» 「ALWAYS三丁目の夕日」@イイノホール [旦那にはひ・み・つ (☆o☆)]
今年の秋の『泣ける邦画』としてあーちゃんが注目していた2本は不発…という事で今日はめっちゃ楽しみにしていきました。 {/kaeru_cry/}STORY オフィシャルサイト 昭和33年、東京タワーが完成するこの年、夕日町三丁目では個性豊かな住民たちが暮らしていました。そんなある日、短気だが家族思いの父・則文と優しい母・トモエ、やんちゃな息子・一平が暮らす自動車修理工場・鈴木オート�... [Read More]

Tracked on November 21, 2005 at 12:40 AM

» 「ALWAYS 三丁目の夕日」 [soramove]
「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ 堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子主演 山崎貴監督、2005年 予告編を見た時、 「この映画はやめよう」と 思っていた。 「泣き」の映画の あざとさのようなものを 嗅ぎ取ったからだ。 で、映画館の暗闇で上映開始を待...... [Read More]

Tracked on November 27, 2005 at 01:33 AM

» ALWAYS 三丁目の夕日 [toe@cinematiclife]
泣いたわよ。 まさかと、自分でも思ったけど、泣いたわよ。 まぁ、最近、涙腺ゆるゆるだけどね。 でも、きっとまだの人も、見ると泣くかもよ。 <STORY> 戦後間もない東京下町、東京タワーのすぐ近く。 いろんな生活がそこにはあった。 駄菓子屋・茶川商店の茶川竜之介(吉岡秀隆)は、作家を目指して応募をし続けているが、どれも落選してばかり。 茶川商店の向かいの鈴木オートは、社長の鈴木(堤真一)が、青森か... [Read More]

Tracked on December 09, 2005 at 12:02 AM

» ALWAYS 三丁目の夕日 今年の234本目 [猫姫じゃ]
ALWAYS 三丁目の夕日 泣いた、、、 ホント、久しぶりに映画館で見た。札幌で、夜の出撃に備えて、英気を養うためにぶらぶらしていたんだケド、この映画の評判が良いのは知っていたので、たまたま通りかかった映画館へ。 SFXとは、こういう使い方をするんだぁ! 年代は...... [Read More]

Tracked on December 10, 2005 at 02:37 PM

« セルラー | Main | ヴィレッジ »