« ベルリン・フィルと子どもたち | Main | 磐梯吾妻スカイラインの紅葉 »

October 13, 2005

ビヨンドtheシー

『ビヨンドtheシー』 を観ました。

大好きなケビン・スペイシーが見えたから思わず借りてきた1本。

『ユージュアル・サスペクツ』 や 『交渉人』 よかったですねぇ。

さて、本作品は伝記です。
1950年末~60年中に活躍されたボビー・ダーリン氏の生涯をケヴィン・スペイシーが監督・主演しています。
でも、ボビー・ダーリンって知らないんです。まだ生まれていないし...。
心臓を患い生きて15才と診断されていたんだそうです。でも歌に出会い15才の壁を乗り越え成功した。
で、映画で歌っているケビン・スペイシーはそれはそれは楽しそうで生き生きしていましたが、曲そのものは私の好みではなかったせいか、映画の世界に入り込めませんでした。

ケビン・スペイシーの演技も伝記であるがゆえに制限されていたように見えたし、15才の頃の自分を出演させファンタジックに仕立て上げているハズがむしろ伝記なのかややこしくなって狙いが曖昧になってしまっているように感じました。
★3 って事で。(ケビンスペイシーじゃなきゃ 2かな?)

|

« ベルリン・フィルと子どもたち | Main | 磐梯吾妻スカイラインの紅葉 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/6385540

Listed below are links to weblogs that reference ビヨンドtheシー:

» 「ビヨンドtheシ-」きっと僕の2005年のベスト1映画になるでしょう [煮晩閃字]
カンペキです! 素晴らしすぎます! 久しぶりに映画観てて唸りました。 珍しくネタバレほとんど無しで語りたいと思います。絶対おすすめです。とりあえずいつでもいいんでこの映画一度観て下さい。(大オチがあるからネタバレ無しって事ではないのでヘンに考えすぎない....... [Read More]

Tracked on October 31, 2005 at 06:40 AM

« ベルリン・フィルと子どもたち | Main | 磐梯吾妻スカイラインの紅葉 »