« サヨナラCOLOR | Main | 8月のクリスマス »

October 25, 2005

チョコレート工場の秘密

『チョコレート工場の秘密』 を読みました。

本書を元にティム・バートンが映画化した 『チャーリーとチョコレート工場』 は既に観ました。時が経つにつれて映画の良さがじわじわと...。(*^o^*)
で、元(本)はどんな内容だったんだろう???と興味深々で新訳の本書を買ってみました。

とても読みやすいんですが、どこか面白みが伝わってこない...というのが最初の感想です。それは映画が良すぎたから?それとも日本語で読んでいるから?。

どうやら翻訳(新訳)に関して評判はあまりよろしくない様子。私も旧訳を読んでみたいですが、ちらっと検索するとプレミア価格...。(○`ε´○)
映画 = 旧訳 と理解することにします。

それにしても、ティム・バートンとジョニー・デップはやっぱ凄い!と思いましたね。
普通のハッピーエンドだった原作から、映画ではひねりが加わって深みを増していたことが分かりました。私は映画のエンディングの方が好きです。

- edit 2005.10.25 -
訳者から (あとがき?)を読んで愕然としました。物語りの素晴らしさを紹介するなり、翻訳の難しさや楽しみ方を紹介するなら分かりますが、完全に読者を馬鹿にしている。旧訳を避難し自らの翻訳がいかに素晴らしいかを押しつけてくる。60歳近い方だと思われますが、こういう【下品】な歳のとりかたはしたくないですね。
旧訳版がプレミア価格なのも少し分かる気がします。この本はさっさと売っっぱらってしまお!。

[ 書庫データ ]
チョコレート工場の秘密 / Charlie and Chocolate Factory
著 ロアルド・ダール / Roald Dahl
絵 クェンティン・ブレイク / Quentin Blake
訳 柳瀬 尚紀
評論社 \1,200 ?版 259p ISBN4-566-01411-8

RoaldDahlCollection2

|

« サヨナラCOLOR | Main | 8月のクリスマス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/6562627

Listed below are links to weblogs that reference チョコレート工場の秘密:

« サヨナラCOLOR | Main | 8月のクリスマス »