« 機長からアナウンス 第2便 | Main | パイレーツ・オブ・カリビアン »

October 08, 2005

シン・シティ

シン・シティ』 を観ました。

SinCity

まず、ずらりと並んだ名前でみにいきました。ハイ。(*´д`*)
監督がロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー。
特別監督にクエンティン・タランティーノ。
んで、出演者にはブルース・ウィリス、ミッキー・ローク、クライヴ・オーウェン などなど。

原作はフランク・ミラーが1992年に発表したコミックだそうです。

シン・シティとは 刺激世界(=罪の町)。
それはそれは大人もちびりそうな場所ですよ。
そんな町で展開する3つのストーリー。
EPISODE 1~3がシン・シティを舞台に独立した形で展開します。
※たぶんそれぞれの関係は無いと思うんですが...。(偶然は別)

基本的には愛です。それも非常に美しい愛。もうプラトニック!。
しかし舞台は "何でも有" の世界。
それに私は耐えられるのか?というのが一番の不安でした。
耳が飛ぶ、手首が飛ぶ、首が飛ぶ、足が無くなっている!。
銃で撃たれるなんて当たり前。
ってかなかなか倒れない...。┐('~`;)┌
そういうの弱いんです。

しかし、この作品、私は大丈夫でした。
見せ方が巧いんだと思います。
モノトーン調で漫画チックなのです。
場合によっては影絵のようになっていて、超グロイシーンはさりげなく隠すように作られている。
実際はかなり強烈なシーンですが、そんな風に錯覚してしまい観ていられるんです。
そして、ブルース・ウィリスやミッキー・ローク、イライジャ・ウッドの存在感に圧倒されてしまい、あれ?もう終わり?ってくらいに引き込まれていました。もちろん女優陣も素晴らしかったです。
こういう、部分的(血や唇)に色をつけたり、3作同時という初めての体験はとても新鮮でした。

それでも怖いの苦手な私としては満足度4ってところでしょうか。
役者の演技や見せ方は文句なし★5なんですが、グロイので-1...。
そういうの全然大丈夫な方ならお薦めです。

そういえば、一晩の天使のために命をかける姿。こういうの以前もあったなぁ...。

|

« 機長からアナウンス 第2便 | Main | パイレーツ・オブ・カリビアン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/6312002

Listed below are links to weblogs that reference シン・シティ:

« 機長からアナウンス 第2便 | Main | パイレーツ・オブ・カリビアン »