« 頭文字D THE MOVIE | Main | サヨナラCOLOR »

October 21, 2005

ヴェラ・ドレイク

ヴェラ・ドレイク』 を観ました。

VeraDrake

法を犯している事を知りながら、しかし「人を助けている」と自分を納得させ何人もの女性を救ってきた?。
そんな彼女・ヴェラ・ドレイクと、その家族の絆を見事に演じきっていました。

見終わった直後、正直、涙するどころか感動すら無かった。
ただ彼女の周囲の人は全面的に否定するのでは無く何処か暖かみを感じるな。それだけだった。しかし、噛みしめれば噛みしめるほど "いい"。

そうなった原因は、ヴェラを演じたイメルダ・スタウントンや、夫のフィル・デイヴィスの演技が良すぎたからかもしれない。
と今思っている。

そして、彼女がいない食卓が最初は不満だったが、今にして思えば最高のエンディングだったとようやく気がついたところである。
イメルダ・スタウントンの瞳はしばらく忘れる事が出来ないだろう。

|

« 頭文字D THE MOVIE | Main | サヨナラCOLOR »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/6508915

Listed below are links to weblogs that reference ヴェラ・ドレイク:

« 頭文字D THE MOVIE | Main | サヨナラCOLOR »