« 操縦不能 | Main | オランダの光 »

September 28, 2005

千里眼 movie

『千里眼』 を観ました。

松岡 圭祐氏の小説(3冊分)を100分の映画に仕上げたものです。
元の小説のLogは以下
千里眼
千里眼 ミドリの猿
千里眼 運命の暗示

友里佐知子は黒木瞳さんが、岬美由紀は水野美紀さんが、刑事は柳葉敏郎さんでした。

内容はですねぇ...。
3つの作品を足して6で割った感じです。┐('~`;)┌
でも、脚色は松岡氏がご自身で担当されたそうですから有なんでしょうね。
なんで3つなんだろうな~。
最初の1つで十分にいけると思うんだけどな~。

黒木、水野、柳葉の魅力が中途半端過ぎるように感じました。
キャラクターが完全に死んでしまっている。
小説を読んでいるからついてゆけますが、予備知識無しでは単なる火曜サスペンス劇場でしょう。
元々心理学を扱った作品ですから、短時間で無理矢理に沢山詰め込んでしまっては、繊細なハズの心理学っていうか心理描写が希薄になるのは明白。

一応、続編ありそうなエンディングでしたが、私はもう観ないでしょう。
本の方だけ楽しむ事にします。
映画の方は★1
さて寝るとしよう。

|

« 操縦不能 | Main | オランダの光 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/6162405

Listed below are links to weblogs that reference 千里眼 movie:

« 操縦不能 | Main | オランダの光 »