« 骨髄ドナーに選ばれちゃいました | Main | サマータイムマシンブルース »

August 31, 2005

WXIII 機動警察パトレイバー

『WXIII 機動警察パトレイバー』 を観ました。

私は劇場版しか観ていませんが、1作目のログ,2作目のログです。

さて、本作品はパトレイバーが殆ど出てきませんでした。
特車2課も隊長しか出てきません。他のメンバーは最後にちょこっと出るだけ。
1-2-3作とどんどん登場時間が減っていますね。 > 特車2課
個人的には少し残念。

「廃棄物13号」とも呼ばれるゴジラほどの大きさがある怪物が登場。
癌細胞が再生を繰り返し死なないという性質を利用した巨大モルモットっていうのかな?そいつを作り出し色んな物を破壊しちゃって困ったぞ!ってなお話。

怪物を作った母。
幼い頃に無くなった娘はガンだった。
そのガン細胞を使い、まるで娘のように怪物を育て上げた西脇冴子。
そうとは知らず彼女に惚れた若い刑事と、アナログレコードをこよなく愛し、西脇を疑うベテラン刑事。
もうね。怪獣が登場する意外は良くあるサスペンス劇場でしょうこれは。

テーマは家族への歪んだ愛って事?それとも単なる怪獣物?。
それはそれでどっちでもいいんですけど、パトレイバーって名前じゃなくて別な名前にした方が良かったんじゃないでしょうかね?。「廃棄物13号」でいいじゃないですか?。
それだったら私はきっと観なかったしね。(Λ。Λ)

ハッキリ言ってガッカリです。
★2

|

« 骨髄ドナーに選ばれちゃいました | Main | サマータイムマシンブルース »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/5726973

Listed below are links to weblogs that reference WXIII 機動警察パトレイバー:

« 骨髄ドナーに選ばれちゃいました | Main | サマータイムマシンブルース »