« シークレット・ウインドウ | Main | 螢 »

July 18, 2005

星になった少年

星になった少年』 を見ました。

elephant

日本初の「ゾウ使い」少年「小川哲夢」さんと子象ランディ、母親役の「常盤貴子」さんをはじめとした家族の物語。
実話をもとにしているそうです。

哲夢を演じたのは『誰も知らない』で2004年カンヌ国際映画祭コンペティション部門ノミネート最優秀男優賞を受賞した「柳楽優弥」さんです。
音楽は坂本龍一さん。

象の調教師になろうと、タイ国のチェンマイにあるゾウ使い養成学校で2年間勉強する。
言葉も分からず食事も合わず、他の生徒からは馬鹿にされるが、しかし全てはゾウ使いになるために!という強い思いから立派なゾウ使いになる。
日本とは違う環境に身を置き、人としても大きくなって帰ってきた哲夢。
そんな彼に義理の父親は嫉妬したりもするが...。
おまけっぽい役だったけど、でも「武田鉄矢」さんの魂はしっかり入ってましたね。

ゾウは母親から無理矢理離されてココにいるのです!という彼の言葉はストレートに心に響きました。
バイク事故。ゾウ達の悲しみ。母親の悲しみ。
そして彼は星になり、故郷で生まれ変わりました。(星はゾウのオリオン座なのです)
やっぱし胸があつくなりますよこれは...。

ゾウが自然に囲まれ余生を過ごせるような「楽園」は出来たのかなぁ...。

|

« シークレット・ウインドウ | Main | 螢 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80479/5016271

Listed below are links to weblogs that reference 星になった少年:

» 『星になった少年』 [Mutukoのときどき日記]
この夏話題の映画『象になった少年』あ、いや『星になった少年』を次男(小6)と観 [Read More]

Tracked on July 18, 2005 at 10:42 PM

» 残された家族の生き方を考えた◆『星になった少年』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
6月19日(日)試写会(TOHOシネマズ木曽川)にて どれくらい前のことだったかよく覚えていないが、「日本人で初めてタイに渡って象使いの勉強をし、象の楽園を作ることを夢見て亡くなっていった青年」のドキュメンタリー番組を観たことがあった。 これは「観た」というう... [Read More]

Tracked on July 19, 2005 at 11:51 AM

« シークレット・ウインドウ | Main | 螢 »